コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万里小路宣房 までのこうじ のぶふさ

7件 の用語解説(万里小路宣房の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

万里小路宣房

鎌倉後期・南北朝時代の公卿。正嘉2年(1258)生。万里小路資通の子、藤房の父。初名は通俊。後醍醐天皇の即位後、親政を補佐した。正中の変の際は鎌倉に赴き天皇の告文を伝えて事件を落着させ、その功により、従一位大納言に至る。のち79才で出家した。吉田定房北畠親房と共に、「後の三房」と称せられた。日記『万一記』がある。歿年不詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万里小路宣房 までのこうじ-のぶふさ

1258-1348 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
正嘉(しょうか)2年生まれ。藤原(万里小路)資通(すけみち)の子。従一位,大納言にいたる。後醍醐(ごだいご)天皇に重用され,北畠親房(ちかふさ),吉田定房とともに「後(のち)の三房(さんぼう)」と称される。正中(しょうちゅう)の変に際して幕府への釈明の勅使となり,建武(けんむ)の新政では雑訴決断所頭人(とうにん)をつとめた。建武3年出家。貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年10月18日死去。91歳。日記に「万一(まんいち)記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

万里小路宣房

没年:貞和4/正平3.10.18(1348.11.9)
生年:正嘉2(1258)
鎌倉後期・南北朝時代の公卿。従三位資通の子。初名通俊。大覚寺統後二条天皇が即位した正安3(1301)年に蔵人。父が閑職にあったため,この任官は遅いものだった。しかし以後は急速に昇進して弁官を歴任し,嘉元3(1305)年に蔵人頭,参議。天皇が没すると官職を辞したが,文保2(1318)年同じ大覚寺統の後醍醐天皇が即位すると権中納言として復帰。後宇多法皇の院政,後醍醐天皇の親政を支え,吉田定房,北畠親房と共に三房と称された。後醍醐天皇の倒幕計画が発覚した正中 の変(1324)に際しては勅使として鎌倉に下向し,天皇の無罪を論じた。この直後に権大納言に昇るが,この功によるともいう。元弘の変(1331)では子の藤房,季房が謀議の中心にあったためにいったん六波羅に捕らえられたが,まもなく許された。建武新政下では後醍醐天皇の側近として活躍し,従一位に昇った。延元1(1336)年,新政への批判が強まると責を問われて出家。以後政治活動から離れるが,南朝(大覚寺統)にしたがって吉野に赴くことはなく,京都で没したようである。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

までのこうじのぶふさ【万里小路宣房】

1258(正嘉2)‐?
鎌倉末~南北朝期の公卿。父は資通。もと通俊と称した。1281年(弘安4)従五位下,1318年(文保2)権中納言,25年(正中2)大納言となる。1324年の正中の変のときには勅使として鎌倉へ赴き,事件を落着させた。笠置落城後は官位を剝奪されたが,建武政権では正二位大納言から34年(建武1)従一位に進み,雑訴決断所の頭人にもなった。吉田定房,北畠親房とともに〈後の三房〉と称された。35年正月出家。その後の動静は不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

までのこうじのぶふさ【万里小路宣房】

藤原ふじわらの宣房の別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万里小路宣房
までのこうじのぶふさ

藤原宣房」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万里小路宣房
までのこうじのぶふさ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の万里小路宣房の言及

【三房】より

…為房も白河,鳥羽天皇のもとで活躍した。後三房は南北朝期の吉田定房万里小路(までのこうじ)宣房北畠親房。3人は後醍醐天皇の信任厚く,定房,宣房は正中の変,元弘の乱にも関与し,親房は《神皇正統記》を著し南朝の指導者として重要な位置を占めた。…

※「万里小路宣房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万里小路宣房の関連キーワード富小路資直世尊寺伊俊姉小路家綱姉小路高基鷹司基教中院通顕東坊城茂長藤原為理源有教冷泉定親

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone