コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三房 さんぼう

4件 の用語解説(三房の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三房
さんぼう

平安時代および鎌倉時代の,それぞれ「房」の字のついた名をもつ博学の士。平安時代大江匡房 (まさふさ) ,藤原伊房 (これふさ) ,藤原為房を「前の三房」,鎌倉~南北朝時代後醍醐天皇の廷臣藤原宣房 (のぶふさ) ,吉田定房北畠親房を「後の三房」という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぼう〔‐バウ〕【三房】

名前に「房」の字を持つ、学問・和歌に秀でた三人の称。平安時代の藤原伊房(ふじわらのこれふさ)藤原為房大江匡房(おおえのまさふさ)。また、鎌倉末期から南北朝時代の吉田定房藤原宣房万里小路宣房)・北畠親房

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼう【三房】

名前に〈房〉の字がつく3著名人。時代の違いにより前三房と後三房とがある。前三房は平安時代の摂関期から院政期にかけて活躍した藤原伊房(これふさ),大江匡房(まさふさ),藤原為房。伊房は名筆として有名な藤原行成の孫で書家として高名なだけでなく,後三条天皇白河天皇に仕えて実務家としても腕を振るった。匡房は《江家次第》《遊女記》の作者として名高い学者で後三条天皇に仕えた実務官僚。為房も白河,鳥羽天皇のもとで活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぼう【三房】

名前に「房」の字をもつ博識者三人の称。藤原伊房これふさ・藤原為房・大江匡房まさふさを前の三房、吉田定房・北畠親房・万里小路宣房を後の三房という。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三房の言及

【藤原伊房】より

…藤原行経の子,行成の孫にあたり,中納言で大宰権帥を兼ねた。家業となった書道(世尊寺流)をよくし,同時代の大江匡房,藤原為房とともに〈三房〉と称された。書蹟では前田育徳会蔵《北山抄》(巻三,巻七)と《十五番歌合》《藍紙本万葉集》などがあげられ,また真蹟の基準となる消息が東大寺にある。…

※「三房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三房の関連情報