コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三元触媒 サンゲンショクバイ

デジタル大辞泉の解説

さんげん‐しょくばい【三元触媒】

ガソリン自動車の排気ガスに含まれる有害物質を除去する触媒装置。主な有害物質が炭化水素一酸化炭素窒素酸化物の3種類であることからの名。白金パラジウムロジウムを用いた触媒で同時に酸化または還元し、水・二酸化炭素・窒素として排出する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三元触媒
さんげんしょくばい

自動車の排出ガス浄化装置(後(あと)処理装置)の一つ。白金、パラジウムなどを用いた触媒コンバーターで、混合気を理論空燃比(約14.5)に保って排気中に酸素が残らないようにする。同時に排気温度を十分に高く保つと、一酸化炭素COと炭化水素HCに対しては窒素酸化物NOXが酸化剤として働き、一方COとHCはNOXの還元剤として働いて、3成分を同時に低減することができる。そのためには、O2センサーで排気中の残存酸素量をつねに測定し、電子制御燃料噴射装置や電子制御気化器を精密にコントロールして酸素が残らないようにしなければならない。また触媒コンバーターは高温になるので防火構造とし、過熱警報装置を備える。現在、もっとも一般的に使われている。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三元触媒の関連キーワードRENESIS(サイド排気ポート方式ロータリエンジン)4G93(筒内噴射ガソリンエンジン:GDI)スバル インプレッサ WRX STIマツダ RX自動車用ミラーサイクルエンジンマツダSCSエンジン(TC)スーパーインテリジェント触媒いすゞ 圧縮天然ガスエンジンマツダユーノスロードスター日産ディーゼル コンドルNOx吸蔵還元型三元触媒自動車排出ガス対策技術レクサス LS400PD6(T)型直6触媒コンバーター三元触媒システムガソリン自動車トヨタ ソアラトヨタMR2L20ET

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android