コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三元触媒 サンゲンショクバイ

2件 の用語解説(三元触媒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんげん‐しょくばい【三元触媒】

ガソリン自動車排気ガスに含まれる有害物質を除去する触媒装置。主な有害物質が炭化水素一酸化炭素窒素酸化物の3種類であることからの名。白金パラジウムロジウムを用いた触媒で同時に酸化または還元し、水・二酸化炭素・窒素として排出する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三元触媒
さんげんしょくばい

自動車の排出ガス浄化装置(後(あと)処理装置)の一つ。白金、パラジウムなどを用いた触媒コンバーターで、混合気を理論空燃比(約14.5)に保って排気中に酸素が残らないようにする。同時に排気温度を十分に高く保つと、一酸化炭素COと炭化水素HCに対しては窒素酸化物NOXが酸化剤として働き、一方COとHCはNOXの還元剤として働いて、3成分を同時に低減することができる。そのためには、O2センサーで排気中の残存酸素量をつねに測定し、電子制御燃料噴射装置や電子制御気化器を精密にコントロールして酸素が残らないようにしなければならない。また触媒コンバーターは高温になるので防火構造とし、過熱警報装置を備える。現在、もっとも一般的に使われている。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三元触媒の関連キーワードガス欠排ガス排気ガスガソリン車環境車空気ガスサーマルリアクター排ガス浄化装置自動車NOx・PM法と条例規制排気センサー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三元触媒の関連情報