コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅一生 みやけいっせい

4件 の用語解説(三宅一生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅一生
みやけいっせい

[生]1938.4.22. 広島
服飾デザイナー多摩美術大学卒業。 1965年から 69年にかけてパリ,ニューヨークに滞在し,ジバンシーやジェフリー・ビーンのもとでデザインを学ぶ。 70年帰国して三宅デザイン事務所を設立し,73年よりパリのプレタポルテコレクションに参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三宅一生【みやけいっせい】

服飾デザイナー。広島生れ。1964年多摩美大卒業。翌年ファッションの勉強のためパリへ。ギ・ラロッシュ,ジバンシーなどの店をへて1970年東京に三宅デザイン事務所設立。
→関連項目倉俣史朗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅一生 みやけ-いっせい

1938- 昭和後期-平成時代の服飾デザイナー。
昭和13年4月22日生まれ。パリとニューヨークで有名デザイナーの助手をつとめ,昭和45年三宅デザイン事務所を開設。48年パリコレクションに初参加して以来,国際的に活動を展開。東洋と西洋の融合した独自な服作りを追求し,ハイテクを駆使した新素材の開発や衣装展の開催などにも力をそそぐ。プリーツ(ひだ)加工の婦人服は人気をよんだ。平成10年文化功労者。11年ブランドを後進にゆずる。17年高松宮殿下記念世界文化賞。18年京都賞。22年文化勲章。広島県出身。多摩美大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅一生
みやけいっせい
(1938― )

服飾デザイナー。広島県生まれ。多摩美術大学卒業後、渡仏。パリでジバンシーなどオートクチュールメゾン(店)で修業しているとき、その後の彼のデザインコンセプトに大きな影響を与える1968年の「五月革命」に遭遇。ニューヨークを経て帰国後、70年(昭和45)三宅デザイン事務所設立。71年ニューヨークで、72年にはパリでコレクションを発表。76年に着ることの原点に戻って服をデザインするという「一枚の布」のコンセプトで新しい服の概念を打ち出した。つねに身体とフォルム、フォルムと素材との関係における独自の造形を目ざし、布を裁断し縫製したあとにプリーツをかけるという通常と逆の発想から生まれたプリーツの服は、92年「プリーツプリーズシリーズへと発展し、いまや国境を越えて広く支持されている。世界各地で展覧会の開催、アーティストとのコラボレーション(共同製作)を行い、世界でもっとも知られる日本人デザイナーの一人。93年フランスのレジオン・ドヌール、97年(平成9)紫綬褒章(しじゅほうしょう)など国内外の受賞・受章も多数。98年文化功労者となる。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅一生の関連キーワード芦田淳石津謙介植田いつ子菊池武夫(3)コシノ ジュンコ島村ふさの中村乃武夫松田光弘水野正夫森南海子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宅一生の関連情報