三島市(読み)みしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三島〔市〕
みしま

静岡県東部,伊豆半島基部にある市。 1941年市制。 54年中郷村を編入。中心市街地の三島には,古くは伊豆の国府があり,国府と称したが,南伊豆の白浜 (下田市) にあった三嶋大社をこの地に移してから三島と改称。江戸時代は東海道,箱根八里越えの重要な宿場町,三嶋大社の門前町として繁栄。御殿場経由の東海道本線の開通で一時衰微したが,34年丹那トンネルが完成し回復した。伊豆温泉郷への玄関口。地下水が豊富で化学繊維,ゴム,食品,製紙,乳製品などの工場が進出。楽寿園 (名勝および天然記念物) ,旧官幣大社で伊豆国一の宮の三嶋大社 (国宝の梅蒔絵手箱を所蔵,境内のキンモクセイは天然記念物) ,伊豆国分寺塔跡,錦田一里塚,山中城跡 (いずれも史跡) の名所がある。東海道新幹線,国道1号線が通る。面積 62.02km2。人口 11万46(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三島市の関連情報