コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利茶々丸 あしかがちゃちゃまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利茶々丸
あしかがちゃちゃまる

[生]?
[没]延徳3(1491).伊豆,堀越
室町時代後期,堀越公方政知 (→足利政知 ) の子。父の死後一族が争い,北条早雲 (伊勢長氏) に攻められ自殺。堀越公方は滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利茶々丸 あしかが-ちゃちゃまる

?-1491 室町時代の武将。
足利政知の長男。足利義澄の異母兄。不和だった父の死後,後嗣とされた異母弟潤童子(じゅんどうじ)とその母を殺して家督をうばい,2代堀越公方(くぼう)となる。讒言(ざんげん)による老臣の誅殺(ちゅうさつ)などの内紛に乗じた北条早雲に攻められて,延徳3年伊豆(いず)韮山(にらやま)で自害した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足利茶々丸

没年:明応7.8(1498)
生年:生年不詳
室町時代後期の武将。堀越公方政知の子。将軍足利義澄の異母兄弟に当たる。父政知は後妻(武者小路氏)の子潤童子を後嗣とし,延徳3(1491)年4月に政知が死ぬと,継母に押し込められ虐待されたので,同年7月牢番を殺して破獄,継母と異母弟潤童子を斬った。同氏の内紛は伊豆一国に波及し,駿河興国寺城主伊勢宗瑞(北条早雲)は茶々丸の罪を鳴らして,翌年堀越を襲撃。茶々丸は逃亡して武蔵・甲斐に転戦したが宗瑞に敗れ自殺した。北条氏関東制圧の契機を作った人物として知られる。<参考文献>家永遵嗣「堀越公方府滅亡の再検討」(『戦国史研究』27号)

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あしかがちゃちゃまる【足利茶々丸】

?~1491) 室町後期の武将。政知の子。異母弟とその母を殺して堀越公方となるが、北条早雲に攻められ願成就院で自殺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利茶々丸
あしかがちゃちゃまる
(?―1491)

室町後期の武将。堀越公方(ほりこしくぼう)足利政知(まさとも)の子。1491年(延徳3)4月に父政知が病没すると、同年7月異母弟の潤童子(じゅんどうじ)とその母円満院(えんまいん)(武者小路隆光(むしゃこうじたかみつ)の娘)を襲って殺害し、家督を奪った。しかし近臣の讒言(ざんげん)を信じて老臣を殺したりしたため、旧臣は心服せず、伊豆国内は混乱状態に陥った。この機に乗じて駿河(するが)国興国寺(こうこくじ)城主の伊勢宗瑞(いせそうずい)(北条早雲(そううん))が堀越御所(ごしょ)を攻めたため、茶々丸は願成就院(がんじょうじゅいん)に逃れて自害した。寺伝では同年10月11日が忌日という。法名は成就院福山広徳。[田代 脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の足利茶々丸の言及

【堀越公方】より

…〈ほりこしくぼう〉が慣用読みであるが,地名は〈ほりごえ〉である。堀越御所ともいう。関東は鎌倉公方足利成氏が1454年(享徳3)に関東管領上杉憲忠を謀殺したことで内乱に突入し,成氏自身は下総古河(こが)に御座を構え古河公方と尊称されるようになった。上杉氏は,成氏勢力に対抗するために幕府に新たな鎌倉公方の下向を求めた。そこで,幕府は将軍義政の弟足利政知を東下せしめたが,鎌倉に入ることができず,伊豆の堀越に御所を構えた。…

※「足利茶々丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足利茶々丸の関連キーワード興国寺城跡願成就院跡願成就院後北条氏城攻め韮山城田代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android