コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島弥太郎 ミシマヤタロウ

3件 の用語解説(三島弥太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みしま‐やたろう〔‐やタラウ〕【三島弥太郎】

[1867~1919]銀行家。薩摩の人。通庸(みちつね)の長男。貴族院議員横浜正金銀行頭取を経て日本銀行総裁に就任するが、任期中に病死した。
[補説]徳冨蘆花の小説「不如帰(ほととぎす)」の登場人物、川島武男のモデルとしても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島弥太郎 みしま-やたろう

1867-1919 明治-大正時代の銀行家。
慶応3年4月1日生まれ。三島通庸(みちつね)の長男。アメリカで農政学をおさめ,農商務省などにつとめる。明治30年貴族院議員。39年横浜正金銀行取締役となり,頭取をへて大正2年日本銀行総裁となった。大正8年3月7日死去。53歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。駒場農学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三島弥太郎

没年:大正8.3.7(1919)
生年:慶応3.4.1(1867.5.4)
大正時代日本銀行総裁,子爵。薩摩(鹿児島)藩士三島通庸の長男。鹿児島生まれ。山形県立師範学校卒業後,駒場農学校(東大)に学ぶ。明治17(1884)年に18歳で農政学研究のため米国留学,帰国後北海道庁に勤務。22年再度米国留学,25年に帰国後農商務省,逓信省の嘱託。30年31歳で貴族院議員に当選,貴族院研究会幹部として活躍。39年横浜正金銀行の嘱託,44年に頭取。大正2(1913)年日本銀行総裁に就任し第1次世界大戦期の変動著しい金融界を指導。なかでも北浜銀行や東京株式市場の救済,見返品制度の大幅改正,公定歩合政策の弾力的運用などを行い信用秩序の維持に努力。同行総裁在職中に没。<参考文献>坂本辰之助『子爵三島弥太郎伝』,吉野俊彦『歴代日本銀行総裁論』

(佐藤政則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三島弥太郎の関連キーワード澄田智土方久徴福井俊彦荒井泰治梶原仲治岸喜二雄高橋新吉(1)服部正也吉井友兄日本銀行総裁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone