コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日月[町] みかつき

4件 の用語解説(三日月[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三日月[町]【みかつき】

佐賀県中部,佐賀市の西に接する小城(おぎ)郡の旧町。唐津線が通じる。佐賀平野上の水田地帯で,北部の山麓ではミカン栽培が盛ん。古代は多久方面への交通要地で,条里制遺構がある。

三日月[町]【みかづき】

兵庫県西部,佐用郡の旧町。千種(ちくさ)川の支流志文(しぶみ)川に沿い姫新(きしん)線が通じる主集落は古くから因幡(いなば)街道の要地で,元禄以降陣屋町であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みかつき【三日月[町]】

佐賀県中央部,小城郡の町。1969年町制。人口9230(1995)。東は佐賀市に接する。町域は南北に細長く,北部は天山山系の南麓,中・南部は肥沃な沖積低地である。天山南麓に発する祇園川が町内を南東に流れて嘉瀬川に合する。山麓部に近い織島には古墳時代後期の姫塚古墳,低地部の久米に弥生時代集落遺跡土生(はぶ)遺跡(史),長神田(ちようかんだ)に弥生から古墳時代,さらに中世に及ぶ墓地や住居などの複合遺跡の戊(つちのえ)遺跡がある。

みかづき【三日月[町]】

兵庫県南西部,佐用郡の町。人口3562(1995)。千種(ちくさ)川の支流志文(しぶみ)川の中流域を占める。町域の大部分は山林で,特に北部には美林が多い。津山街道(国道179号線),JR姫新(きしん)線が東西に走っており,姫路市への便がよい。江戸時代には森氏1万5000石の陣屋町で,宿場町でもあった。米作のほか,ブドウが栽培され,大広地区では佐用牛の飼育が盛んである。北条時頼ゆかりの真言宗の名刹最明寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三日月[町]の関連キーワード井上萬二小城嘉瀬川上川佐賀県本宮多久町制月春融鑑田中丸善蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone