佐用[町](読み)さよう

百科事典マイペディアの解説

佐用[町]【さよう】

兵庫県西部,佐用郡の町。主集落は千種(ちくさ)川の支流佐用川に沿い,出雲・因幡(いなば)への街道の宿場町として栄えた。姫新(きしん)線,中国自動車道,国道179号線が通じる山陽・山陰間の交通要地。米・花卉(かき)・クリ・シイタケの栽培,製材,農機具製造が行われる。北部の平福はかつて佐用藩1万石の城下町で,古い町並みが残る。2005年10月佐用郡三日月町,南光町,上月町を編入。307.44km2。1万9265人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さよう【佐用[町]】

兵庫県西部,佐用郡の町。人口9131(1995)。周囲を山地に囲まれ,千種川支流の佐用川が中央部を南流し,その沿岸に水田や集落が広がる。中心の佐用地区は山陽地方と山陰地方を結ぶ交通の要地にあり,古くから出雲街道,因幡街道の宿場町として栄えた。北部の平福(ひらふく)地区は江戸初期には佐用藩1万石の城下町で,現在も町並みに当時の面影が残る。農業は,養鶏と米作を主としているが,第3次産業に従事する人が増えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android