コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南光[町] なんこう

百科事典マイペディアの解説

南光[町]【なんこう】

兵庫県西部,佐用郡の旧町。千種(ちくさ)川流域を占め,姫新(きしん)線が通じる。農業を営むが,兼業が多い。地場産業の皮革産業がある。町名真言宗の名寺南光坊瑠璃寺に由来。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんこう【南光[町]】

兵庫県西部,佐用郡の町。人口4817(1995)。千種(ちくさ)川上流に沿う細長い町で,山林が町域の大部分を占める。農林業が主産業であるが,兼業化が著しい。ヒマワリからとるヒマワリ油を特産品としている。南部をJR姫新線,国道179号線が走る。北部には船越山自然動物園があり,野猿の名所として知られ,付近には修験道の道場として栄えた瑠璃寺がある。【松原 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android