三津田 健(読み)ミツダ ケン

20世紀日本人名事典の解説

三津田 健
ミツダ ケン

昭和・平成期の俳優



生年
明治35(1902)年4月29日

没年
平成9(1997)年11月28日

出生地
東京

本名
満田 健児

別名
前名=高須 健児

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科〔昭和2年〕中退

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和43年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和49年〕,菊田一夫演劇賞(第6回)〔昭和56年〕「ドレッサー」,芸術祭賞(昭62年度)「ドン・キホーテ」,紀伊国屋演劇賞(第22回)〔昭和62年〕「ジョバンニの父への旅」

経歴
地球座を経て、昭和5年日本俳優学校に入り演技修業。10年同校劇団員となる。12年文学座の創立に参加、以後、杉村春子とともに同劇団を支えた。代表作「シラノ・ド・ベルジュラック」公演は初演以来141回を数え、シラノ役者として有名。ほかの当たり役に「女の一生」の章介、「十三夜」斎藤主計、「大寺学校」の光長などがある。映画「山椒大夫」(29年)「世界詐欺物語・日本編」(39年)などに出演。脇役ながら味のある演技で貴重な存在だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

三津田 健
ミツダ ケン


職業
俳優

本名
満田 健児

旧名・旧姓
高須 健児

生年月日
明治35年 4月29日

出生地
東京市 牛込区矢来町(東京都 新宿区)

学歴
早稲田大学第一高等学院〔大正13年〕卒 早稲田大学文学部英文科〔昭和2年〕中退

経歴
父は英語教師で、5人兄姉(4男1女)の末っ子の四男。東京府立第四中学を卒業した大正9年父を、10年母を相次いで亡くす。9年早稲田大学第一高等学院に合格したが長兄の反対に遭い退学、家を出て東京駅の改札係となった。10年長兄と和解して帰宅、杉浦重剛の称好塾を経て、早稲田大学第一高等学院に再入学。13年早稲田大学文学部英文科に進む。15年投身自殺と服毒自殺を図るが、2度とも未遂に終わった。同年母方の祖母が亡くなり満田家の養子となる。昭和2年地球座演劇結社に加入、当初は劇作家を志したが、勧められて旗揚げ公演「戦争の蝿」に出演。以来、加藤長治に師事して俳優に転じた。5年6代目尾上菊五郎が校長を務める日本俳優学校に入り、演技を修業。6年称好塾の先輩である横田永之助社長を訪ね、京都太秦の日活撮影所に入社。「海のない港」で映画初出演。やがて大部屋生活に飽き足らなくなり、日本俳優学校に復学。10年卒業すると同校劇団員となったが、12年解散。同年文学座の創立に参加し、芸名を三津田健とする。15年5月運営委員、12月代表者となる。20年移動演劇で訪れていた石川県で敗戦を迎えた。35年文学座理事、37年常任委員。杉村春子とともに文学座を支え、代表作「シラノ・ド・ベルジュラック」公演は初演以来141回を数え、シラノ役者として知られた。他の当たり役に「女の一生」の章介、「十三夜」の斉藤主計、「大寺学校」の光長などがある。43年紫綬褒章、49年勲四等旭日小綬章を受章。他の出演作に、映画「山椒太夫」「世界詐欺物語・日本編」「小説吉田学校」などがある。

受賞
紫綬褒章〔昭和43年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和49年〕 菊田一夫演劇賞(第6回)〔昭和56年〕「ドレッサー」,芸術祭賞(昭62年度)「ドン・キホーテ」,紀伊国屋演劇賞(第22回)〔昭和62年〕「ジョバンニの父への旅」

没年月日
平成9年 11月28日 (1997年)

伝記
永くもがなの酒びたり 中村 伸郎 著(発行元 早川書房 ’91発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

三津田 健 (みつだ けん)

生年月日:1902年4月29日
昭和時代;平成時代の俳優
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android