三清(読み)さんせい(英語表記)Sān qīng

世界大百科事典 第2版の解説

さんせい【三清 Sān qīng】

道教の天。元始天尊の住まう玉清天,太上道君の住まう上清天,太上老君の住まう太清天。それぞれに始気,元気,玄気が配当され,最上層の大羅天に次ぐ。がんらい成立の由来を異にするこれら3神を,本源をおなじくする一体のものとしてとらえる三清説の形成は,8世紀,唐の玄宗時代以後のこと。これら3神はまたそれぞれ洞真部,洞玄部,洞神部の道教経典を授けたとされる。【吉川 忠夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐せい【三清】

[1] 〘名〙
① 清酒をいう。
※万葉(8C後)一七・晩春三日遊覧詩「雲罍酌桂三清湛 羽爵催人九曲流〈大伴池主〉」 〔潘岳‐橘賦〕
② 三つの画題。枯木・竹・石。または、梅・竹・水仙(あるいは石)。
[2] 道教の三神。玉清元始天尊・上清霊宝道君・太清太上老君。または、仙人あるいは天帝の住むところの玉清・上清・太清の総称。〔崔国輔‐九月侍宴応制詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android