コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笑亭可楽 サンショウテイカラク

4件 の用語解説(三笑亭可楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんしょうてい‐からく〔サンセウテイ‐〕【三笑亭可楽】

[1777~1833]江戸後期の落語家。江戸の生まれ。俗称、京屋又三郎。三笑派の祖。江戸で初めて寄席興行を行い、また三題噺(さんだいばなし)を創始した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんしょうていからく【三笑亭可楽】

落語家。(1)初代(1777‐1832∥安永6‐天保3) 寄席創始期に多くの門下を養成し,江戸落語の興隆に寄与した。三題噺(さんだいばなし)の祖といわれ,彼の手になる十数部の噺本がある。(2)7代(1886‐1944∥明治19‐昭和19) 本名玉井長之助。2代談洲楼燕枝門下。3代柳家小さんに傾倒してその演目の多くを継承しており,《猫久》《笠碁》などの噺を得意とした。(3)8代(1897‐1964∥明治30‐昭和39) 本名麴地(きくち)元吉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんしょうていからく【三笑亭可楽】

(初世)(1777~1833) 落語家。通称、京屋又五郎。江戸日本橋馬喰町の生まれ。櫛くし屋の職人より落語家となる。寄席に出演し、三題噺ばなしの創始などで知られる。江戸落語中興の祖。著「山しょ味噌」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三笑亭可楽
さんしょうていからく

落語家。

初代

(1777―1833)もと江戸・馬喰町(ばくろちょう)の櫛(くし)工で、素人(しろうと)落語家として山生亭花楽と名のり、友人と開いた寄席(よせ)興行に失敗。職業落語家になって三笑亭可楽と改名し、三題噺(さんだいばなし)で人気を得た。寄席興行の基を開き、多数の門弟を育成した。『山(さん)しょ味噌(みそ)』『東都真衛(えどまえ)』など十数部の噺本を残した。以後、2代(?―1847)は初代門人芝楽(しばらく)が初代翁家(おきなや)さん馬から、3代(?―1857)は2代さん馬が、4代(?―1869)は5代さん馬が、5代(生没年不詳)は4代門人が芝楽から、そして6代(?―1924)はさん馬から、それぞれ襲名した。[関山和夫]

7代

(1886―1944)本名玉井長之助。初め2代柳亭燕枝(りゅうていえんし)門であったが、のち5代柳亭左楽(さらく)門に移り、小左楽、滝亭鯉昇(りゅうていりしょう)を経て1926年(大正15)7代目襲名。3代柳家小さんを尊敬し、『笠碁(かさご)』『にらみ返し』『猫久(ねこきゅう)』などを得意とした。俗に「玉井の可楽」という。[関山和夫]

8代

(1898―1964)本名麹地(きくち)元吉。初代三遊亭円右(えんう)門下から7代さん馬、6代春風亭柳枝(りゅうし)、5代左楽の門下に移り、小柳枝から1946年(昭和21)8代目襲名。『今戸焼(いまどやき)』『らくだ』『親子酒』『にらみ返し』などを得意とした。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三笑亭可楽の言及

【三題噺】より

…落語家が聴客に物品,地名,事件,人物などの中から任意に三つの題を出させて一席の落語をつくり,そのうち一題は〈落ち〉に用いなければいけないとされる。1804年(文化1),初代三笑亭可楽が江戸下谷の広徳寺門前,孔雀茶屋で〈弁慶,辻君(つじぎみ),狐〉の3題を得て一席の落語にまとめたのに始まる。文久年間(1861‐64)には大いに流行し,多くの愛好家グループが生まれた。…

【寄席】より


[江戸の寄席]
 寄席は,江戸時代の初めごろに,寺社の境内などで葭簀(よしず)張りの辻咄(つじばなし)や講釈を行ったものがあり,天和・貞享(1681‐88)のころには,江戸落語の祖といわれる鹿野(しかの)武左衛門(1649‐99)が,江戸の中橋広小路で葭簀張りの小屋掛けで興行をしているし,また安永・天明(1772‐89)のころから噺家(はなしか)の自宅や寺院,茶屋の座敷などで〈咄(はなし)の会〉を興行するものもあったが,現在の寄席のような形ができたのは,1798年(寛政10)6月に大坂から江戸に来た岡本万作が,神田豊島町藁店(わらだな)に〈頓作軽口噺(とんさくかるくちばなし)〉という看板を掲げ常設の寄席を作ったのが最初である。これに対抗して意欲を燃やしたのが初代三笑亭可楽(さんしようていからく)(1777‐1832)であり,彼は下谷柳町の稲荷神社の境内に寄席を開いた。のちに可楽は本格的な寄席興行の基礎を作り,多数のすぐれた寄席芸人を育成した。…

【落語】より

…江戸の寄席興行創始者は,大坂下りの落語家岡本万作で,1791年(寛政3)日本橋橘町の駕籠(かご)屋の二階で夜興行をし,98年,神田豊島町藁店(わらだな)に看板を掲げ,辻々にビラを貼って客を招いた。同年,江戸で山生亭花楽(さんしようていからく)(のち初代三笑亭可楽)が下谷(したや)稲荷社で,大坂では初代桂文治が座摩(ざま)社内で寄席興行を開催した。三笑亭可楽は,職業的落語家の祖として重要な存在だが,前記の寄席興行に失敗して芸道修業の旅ののち,1800年(寛政12),江戸柳橋で落語会を開き,04年(文化1),下谷広徳寺門前の孔雀(くじやく)茶屋で,客が出した〈弁慶,辻君,狐〉の三題を即座に一席の落語にまとめたことから人気を得た。…

※「三笑亭可楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三笑亭可楽の関連キーワード桂文枝笑福亭松鶴朝寝坊夢楽笑福亭仁鶴船遊亭扇橋(初代)船遊亭扇橋(2代)為永春雅若柳吉蔵(初代)三遊亭金馬春風亭柳枝

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三笑亭可楽の関連情報