コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比翁助 ひびおうすけ

3件 の用語解説(日比翁助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日比翁助
ひびおうすけ

[生]万延1(1861).6.26. 久留米
[没]1931.2.22. 東京
実業家。百貨店三越興隆の功労者。生家竹井家は旧久留米藩の士族で,1879年日比家に養嗣子として入籍。福沢諭吉に傾倒し,上京して慶應義塾に入り,1884年卒業。 1896年中上川彦次郎に認められ,三井銀行に招聘された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日比翁助 ひび-おうすけ

1860-1931 明治-大正時代の実業家。
万延元年6月26日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士の子。三井銀行にはいり,本店副支配人などをへて,明治31年三井呉服店支配人。37年改組した三越呉服店の専務となる。欧米の百貨店を視察し,百貨店三越の基礎をきずいた。昭和6年2月22日死去。72歳。慶応義塾卒。旧姓は竹井。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比翁助
ひびおうすけ
(1860―1931)

実業家。わが国最初の百貨店三越(みつこし)の創始者。福岡県出身。久留米(くるめ)藩士の竹井家から日比家の養嗣子(しし)となる。1884年(明治17)慶応義塾卒業後、麻布(あざぶ)天文台を経て、89年福沢諭吉(ゆきち)の推挙でモスリン商会支配人となる。96年、中上川(なかみがわ)彦次郎の招聘(しょうへい)で三井銀行に入る。和歌山支店支配人、本店副支配人を経て、98年三井呉服店支配人に転じる。1904年(明治37)呉服店が三井直系事業から分離されるに及んで、その債権・債務を継承して株式会社三越呉服店設立の中心となり、専務取締役に就任した。「デパートメントストアの実現」を広告文にうたい、イギリスの百貨店ハロッズを範とし、越後(えちご)屋以来の薄利多売精神を理念として経営にあたった。多種多様な商品、サービスの提供、斬新(ざんしん)な広告宣伝活動、壮麗な店舗、各種の催し物など、百貨店経営の基礎を築いた。13年(大正2)会長となり、18年取締役を退任した。[前田和利]
『星野小次郎著『日比翁助』(1951・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日比翁助の関連キーワード秋田半三秋山源兵衛井坂直幹石井謹吾大石保岡烈柿原万蔵志方勢七谷新助玉塚栄次郎(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone