コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪玉 みわだま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三輪玉
みわだま

古代日本の装飾品の一種。長さ3~4cm,幅1~2cm,片面に大小3つのふくらみをもち,もう一方の面は平らになっている。水晶製のものが多いが,なかには金銅製のものもある。古墳時代中期以降のものといわれる。奈良県桜井市三輪大神神社祭祀遺跡から多数発見されたので,この名があるといわれる。飾り大刀の柄につけた装飾品と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みわだま【三輪玉】

古墳時代に大刀(たち)に綴じつけた装飾品。上面に大小3個のふくらみが並び,下面は平らに作る。中央に丸玉を置き左右に半截玉をそえた形と説明することもできるが,その中心線は一方に偏し,かつ湾曲している。長さは3~5cmをふつうとし,金銅製品は上面のみの形を中空に作り,碧玉および水晶製品は充実して孔がない。着装には両端にある2ヵ所のくびれに糸をかけて綴じつけるものである。三輪玉という名称は,その形とは無関係に,奈良県三輪山から出土した例があるという理由で,明治期の考古学者が用いた仮称にすぎない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪玉
みわだま

大刀(たち)の柄(つか)につけられた装飾品の一種。片面が平らで、他面は中央に大きな膨らみをもち、その左右に小さな膨らみを備えた形で、側面からみると三つの山形をなし、山の間の溝に紐(ひも)をかけてとじつけたもの。大きさは長さ3~4センチメートル、幅2センチメートル程度が普通で、大半は水晶製であるが、碧玉(へきぎょく)岩や金銅、鉄などでつくられたものもあり、金属製品は中空につくられている。一般に5~7個が一括して出土し、古墳時代中期後半から後期前半にかけての時期に多くみられる。かつては枕石(まくらいし)ともよばれたことがあったが、奈良県桜井市三輪町の祭祀(さいし)遺跡から多く出土して注目されたため、その地名から名がつけられ今日に至っている。用途についても諸説があったが、一時消火器形埴輪(はにわ)とよばれた埴輪大刀の柄に着装を示すものがあったことから、大刀の勾金(まがりかね)の装飾であることが明らかにされた。その後京都府坊主山(ぼうずやま)1号墳や栃木県七廻鏡塚(ななまわりかがみづか)などで、それを実証するように、大刀の柄頭(つかがしら)のそばに弧状に並んで出土したことが報告されている。[村井雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三輪玉の関連キーワード王塚古墳

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三輪玉の関連情報