コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤守一 ごとうしゅいち

3件 の用語解説(後藤守一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤守一
ごとうしゅいち

[生]1888.8.12. 鎌倉
[没]1960.7.30. 東京
歴史考古学者。沼津中学から東京高等師範学校地理歴史科を卒業。静岡中学の地理学教師となり,東京帝室博物館鑑査官を経て,國學院大學明治大学各教授を歴任。初め有職故実の研究を志し,のちには日本考古学全域に及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤守一 ごとう-しゅいち

1888-1960 大正-昭和時代の考古学者。
明治21年8月10日生まれ。東京帝室博物館の鑑査官をへて,国学院大,日大などでおしえる。昭和23年明大教授。登呂(とろ)遺跡や,東日本の重要な古墳の発掘を手がけた。昭和35年7月30日死去。71歳。神奈川県出身。東京高師卒。著作に「日本考古学」「日本古代文化研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうしゅいち【後藤守一】

1888‐1960(明治21‐昭和35)
考古学者。鎌倉市小壺に生まれた。1913年東京高等師範学校地歴科卒業。県立静岡中学校に奉職したが,21年から帝室博物館に招かれてのち鑑査官となり,27年には博物館施設の視察のためヨーロッパへ派遣された。40年退官し,50年明治大学文学部に創設された考古学講座の主任教授となり,没年の60年まで研究および後進の育成に努めた。専攻は日本考古学で,とくに古墳時代の研究では京都の梅原末治と並んで学界に重きをなしたが,縄文時代から歴史時代に至る広い分野に業績を残し,文化財保護審議会専門委員,日本考古学協会委員長,武蔵野文化協会会長などをつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤守一の関連キーワードチャイルド八幡一郎先史考古学森浩一神奈川県鎌倉市小袋谷神奈川県鎌倉市小町神奈川県鎌倉市由比ガ浜大場磐雄工藤雅樹《考古学者のための土器の研究》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤守一の関連情報