コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤守一 ごとうしゅいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤守一
ごとうしゅいち

[生]1888.8.12. 鎌倉
[没]1960.7.30. 東京
歴史考古学者。沼津中学から東京高等師範学校地理歴史科を卒業。静岡中学の地理学教師となり,東京帝室博物館鑑査官を経て,國學院大學,明治大学各教授を歴任。初め有職故実の研究を志し,のちには日本考古学全域に及んだ。 1927年に出した『日本考古学』は,昭和年代における優れた考古学概論である。古墳とその副葬品に関する遺物論的研究に優れ,特に鏡,家形埴輪鉄鏃,冠,馬具など多くの遺物の集成論証は,高く評価されている。群馬県白石稲荷山古墳,静岡県松林山古墳など,東国の代表的古墳の調査を手がけ,『古墳の編年研究』で東京教育大学から学位を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤守一 ごとう-しゅいち

1888-1960 大正-昭和時代の考古学者。
明治21年8月10日生まれ。東京帝室博物館の鑑査官をへて,国学院大,日大などでおしえる。昭和23年明大教授。登呂(とろ)遺跡や,東日本の重要な古墳の発掘を手がけた。昭和35年7月30日死去。71歳。神奈川県出身。東京高師卒。著作に「日本考古学」「日本古代文化研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうしゅいち【後藤守一】

1888‐1960(明治21‐昭和35)
考古学者。鎌倉市小壺に生まれた。1913年東京高等師範学校地歴科卒業。県立静岡中学校に奉職したが,21年から帝室博物館に招かれてのち鑑査官となり,27年には博物館施設の視察のためヨーロッパへ派遣された。40年退官し,50年明治大学文学部に創設された考古学講座の主任教授となり,没年の60年まで研究および後進の育成に努めた。専攻は日本考古学で,とくに古墳時代の研究では京都の梅原末治と並んで学界に重きをなしたが,縄文時代から歴史時代に至る広い分野に業績を残し,文化財保護審議会専門委員,日本考古学協会委員長,武蔵野文化協会会長などをつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後藤守一の関連キーワード大湯環状列石江別古墳群茶臼山古墳國學院大學賤機山古墳昭和時代甲野 勇山木遺跡副葬品

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android