コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪素麺 みわそうめん

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

みわそうめん【三輪素麺】


奈良県三輪地方名産のそうめん小麦粉塩水で練り、紐状にしたものを植物油をぬりながら手のべでさらに細くのばし、天日で乾燥させる。川に恵まれた当地では、古くから水車による製粉が行われてきた。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪素麺
みわそうめん

大和(やまと)国三輪(奈良県桜井市)特産のそうめん。そうめんは室町時代から南都諸寺院や貴紳の間で非時食として、また贈答品として珍重されたが、『大乗院寺社雑事記』『多聞院(たもんいん)日記』には素麺・索麺の文字が混用されている。しかし、三輪素麺が広く周知利用されたのは近世以降で、『毛吹草(けふきぐさ)』に「三輪索麺(そうめん)」とみえ、貝原益軒(えきけん)の『和州巡覧記』には「三輪の町に索麺を多くうる、名産なり」とあり、『大和志』にも「麺線(そうめん) 三輪・馬場(ばば)・金屋(かなや)三村出売四方、世称三輪索麺」とあるように広く販売されていた。そうめんの原料の麦粉は地元の産で、三輪山北側の車谷で製粉し、1763年(宝暦13)の「三輪村差出明細帳(さしだしめいさいちょう)」に示すように農村の冬季の副業で、こねた麦粉に実綿(みわた)油またはごま油を塗り、手で引き伸ばすのが特徴で、風味を出すため梅雨期を過ぎて出荷された。『日本山海名物図会』(1754)には作業の挿絵を多く載せる。[平井良朋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

三輪素麺[加工食品]
みわそうめん

近畿地方、奈良県の地域ブランド
主に桜井市で製造されている。奈良時代大神神社神主村人にその製法を教えたとも、中国から伝わった菓子の一種が今日の素麺になったともいわれているが、来歴は定かではない。室町時代末期には宮廷料理に登場、江戸時代末期には一般的に食べられるようになった。細くコシの強い麺が特徴。極寒の頃に手延べ製法でつくられた素麺は、高級素麺として知られる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

三輪素麺の関連キーワード地理的表示保護制度三輪(奈良県)近畿地方三輪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三輪素麺の関連情報