三C政策(読み)サンシーセイサク

百科事典マイペディアの解説

三C政策【さんシーせいさく】

1875年スエズ運河買収以来,インドのカルカッタ,エジプトのカイロ,南アフリカのケープ・タウンを結ぶ三角地帯を勢力下におさめようとして進められた英国の帝国主義政策。名称は上記3都市の頭文字に由来する。ドイツの三B政策,フランスのアフリカ横断政策と鋭く対立し,植民地獲得競争が激化した。
→関連項目第1次世界大戦ファショダ事件ローズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんシーせいさく【三C政策】

インドのカルカッタ,エジプトのカイロ,南アフリカのケープタウンのCを頭文字とする3地点を結ぶ地域を支配しようとするイギリスの帝国主義政策を指す。インドはイギリス帝国の中核であり,イギリスは1875年にスエズ運河を買収,82年にエジプトを保護下におくなど,インドにいたるルートの確保につとめた。またアフリカ大陸では北端のエジプトから南端のケープ植民地を結ぶ地域の支配をめざす大陸縦貫政策を推進した。三C政策は,アフリカでは大陸横断政策を進めるフランスと衝突,98年にはファショダ事件をおこした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三C政策
さんしーせいさく

19世紀末から第一次世界大戦に至るイギリスの帝国主義政策の基本路線。南アフリカのケープ・タウンCape Town、エジプトのカイロCairo、インドのカルカッタ(現コルカタ)CalcuttaのCを冠した3拠点で囲まれた地域を勢力範囲としようとするもの。ドイツの三B政策(ベルリン、ビザンティウムおよびバグダードを結ぶ近東政策)と対比される。1869年スエズ運河開通後、イギリス本国から地中海を経てインドに至る海上ルートは「エンパイア・ルート」Empire Routeとして海洋帝国の生命線とみなされ、カイロからカルカッタへのルートが重視された。さらに19世紀末には、C・ローズらによりケープ・タウンとカイロを結ぶアフリカ縦断鉄道構想が唱えられた。これらの海上、陸上の交通によって結ばれた地域を獲得するため、アフリカでは1898年フランスとのファショダ事件を招き、99年にはブーア戦争を起こした。アジアではロシアとのアフガン戦争を起こし、のちにはバグダード鉄道を軸とする前述のドイツの三B政策とも衝突した。[石井摩耶子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんシー‐せいさく【三C政策】

イギリスの帝国主義政策の一つ。一九世紀後半、イギリスはインドのカルカッタ(Calcutta 現コルカタ)、エジプトのカイロ(Cairo)、南アフリカのケープタウン(Cape Town)を結ぶ三角地帯を勢力下に収めようとして、スエズ運河の買収(一八七五)以降、アフガン戦争、ファショダ事件、ブーア戦争を起こした。特にドイツの三B政策と対立、第一次世界大戦の原因の一つとなった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android