コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上(げ)土門 アゲツチモン

デジタル大辞泉の解説

あげつち‐もん【上(げ)土門】

平安時代、平らな屋根の上に土をのせて造った後世には檜皮葺(ひわだぶ)きのものもできた。安土(あずち)門。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上(げ)土門の言及

【門】より

…唐門は近世になってからとくに賞用され,神社や霊廟建築にはかならずといってよいほど設けられた。 上土門(あげつちもん)(図8)は棟門の屋根を水平な板で葺き,上に土を上げたもので,住宅に多く用いられ,室町時代には武家のおもだった人の家に建てられた。絵巻には多く出ているが,現存のものは法隆寺上土門一つしかなく,これも屋根の上に土はのせず,檜皮(ひわだ)で土をのせた形に葺いている。…

※「上(げ)土門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上(げ)土門の関連キーワード平安時代垜門

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android