背戸(読み)セド

デジタル大辞泉の解説

せ‐ど【背戸】

《「せと」とも》
家の裏口。また、裏門。背戸口(せどぐち)。
家の後ろの方。裏手。「背戸の畑」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せ‐ど【背戸】

〘名〙 (「せと」とも)
① 裏門。裏口。勝手口。せどぐち。
※宇治拾遺(1221頃)三「せどのかたに、米の散りたるを食ふとて、すずめの躍りありくを」
※虎明本狂言・法師が母(室町末‐近世初)「冬になれはわがやどの、せどのまどにうちむかひて」
② 家の後方。家の背面。家の後ろにある庭や広場。〔名語記(1275)〕
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「母の云ひつけで僕が背戸の茄子畑に茄子をもいで居ると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android