コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上場遺跡 うわばいせき

世界大百科事典 第2版の解説

うわばいせき【上場遺跡】

鹿児島県出水市上大川内,標高450mの上場高原にある旧石器時代の遺跡で,表土層で縄文式土器も発見されている。池水寛治が発見し,1966年から74年にかけて5次にわたる発掘が行われ,南九州の旧石器時代編年に多くの成果が得られた。表土層の縄文式土器の包含された層の下に,黄褐色のローム質の第2層があり,この第2層の下部を中心として細石刃,細石刃核,爪形文土器が発見されている。また第4層を中心とした黄褐色粘質ローム層では台形石器,ナイフ形石器が主体で,削器,搔器も出土している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上場遺跡
うわばいせき

鹿児島県出水(いずみ)市上場小学校の校庭に所在する旧石器時代の遺跡。出水市東部の標高450メートルの上場高原に立地する。第2層下部から第3層上部へかけて細石刃(さいせきじん)、細石刃核とともに爪形文(つめがたもん)土器が出土し、第4層、第6層からは台形石器、ナイフ型石器、掻器(そうき)、削器(さっき)などが出土している。また第4層に掘り込まれた竪穴(たてあな)住居跡2基が発見され、径3.5メートルの円形と、長径7.3メートルの楕円(だえん)形である。1965年(昭和40)以降数回の調査が行われた。[河口貞徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上場遺跡の関連キーワード鹿児島県出水市上大川内

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android