先覚(読み)センカク

デジタル大辞泉の解説

せん‐かく【先覚】

人より先に物事の道理を悟ること。また、その人。
学問や見識のすぐれている先輩。先学。先進。「先覚に学ぶ」⇔後覚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんかく【先覚】

人より先に、そのことの必要性を知り、研究・実践を行うこと。また、その人。
学問・研究などの上での先輩。先学。 ⇔ 後覚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先覚の関連情報