上客(読み)じょうきゃく

精選版 日本国語大辞典 「上客」の意味・読み・例文・類語

じょう‐きゃく ジャウ‥【上客】

〘名〙 (古くは「しょうきゃく」とも)
① 数人の客のうち上座につく客。上座の客。主賓
史記抄(1477)一一「晏子が、げにもさぢゃと云て、上客としたぞ」
※改正増補和英語林集成(1886)「Shōkyaku シャウキャク 上客」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「席上(ざつき)は上客(ジャウキャク)より乱れ始めて」
② 大切な客。優待すべき客。売手などにとって有利な、よい客。上賓。
性霊集‐五(835頃)為大使与福州観察使書「殊私曲成。待以上客
評判記色道大鏡(1678)一「大臣 傾城買の上客(ジャウキャク)をさしていふ」 〔礼記‐曲礼上〕
南方録(17C後)滅後「賞客と云は貴賤によらず申入れたる人を上客とあしらふ也」

じょう‐かく ジャウ‥【上客】

江戸から東京へ(1923)〈矢田挿雲〉八「上客(ジャウカク)から順次一礼一覧して終ひに亭主へ納め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「上客」の意味・読み・例文・類語

じょう‐きゃく〔ジヤウ‐〕【上客】

《古くは「しょうきゃく」とも》
上座に就くべき、主だった客。
商売上での大切な、ありがたい客。上得意。
[類語]得意顧客常客常連馴染み上得意常得意

じょう‐かく〔ジヤウ‐〕【上客】

じょうきゃく(上客)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android