コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山満之進 かみやまみつのしん

防府市歴史用語集の解説

上山満之進

 牟礼村[むれむら]の出身で、熊本県知事や台湾総督[たいわんそうとく]、枢密顧問官[すうみつこもんかん]など当時の政府内における重要な職をいくつも務めました。 また、郷土の歴史にも関心を持ち、本の執筆に協力したり、忘れられていた史跡を紹介したりするなどしています。防府図書館の前身にあたる三哲文庫[さんてつぶんこ]の建設資金を提供したことでも知られています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上山満之進 かみやま-みつのしん

1869-1938 明治-昭和時代前期の官僚。
明治2年9月27日生まれ。41年農商務省の山林局長となる。熊本県知事をへて大正3年(1914)第2次大隈内閣の農商務次官に就任,米価問題にとりくむ。15年台湾総督につき,金融恐慌発端となった台湾銀行問題の処理にあたった。貴族院議員。枢密顧問官。昭和13年7月30日死去。70歳。周防(すおう)(山口県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上山満之進の関連キーワード官僚明治

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android