コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上月城 こうづきじょう

2件 の用語解説(上月城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上月城
こうづきじょう

兵庫県佐用町にあった山城。南北朝時代の延元1=建武3 (1336) 年に上月景盛が築いたのが始まりといわれる。その後,赤松氏毛利氏などの支城となったが,羽柴秀吉 (→豊臣秀吉 ) が中国征討に際し,天正5 (1577) 年 11月毛利氏からこれを奪い,尼子氏に付託した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

こうづきじょう【上月城】

兵庫県佐用郡佐用町(旧上月町)にあった山城(やまじろ)。戦国時代の、織田軍と毛利軍との激しい攻防戦の地として有名。築城時期については諸説あるが、一説には、鎌倉時代末期(1300年代)に赤松氏の流れをくむ上月次郎景盛が太平山に砦を築き、後に2代盛忠がこの地に本拠を移したと伝えられている。室町時代には、上月氏、赤松氏、山名氏と、城主が幾度か変遷した。1577年(天正5)、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が毛利攻めのため播磨に入り、「西播磨殿(にしはりまどの)」と称された赤松政範(まさのり)を1万を超す軍勢で包囲し、上月城は落城、政範は自刃した。秀吉は城を尼子勝久(あまごかつひさ)・山中鹿介(やまなかしかのすけ)主従に守らせたが、宇喜多(うきた)軍に攻められ撤退。宇喜田氏は上月十郎景貞に城を守らせたが、またも秀吉軍に攻められ落城した。再び、尼子主従が上月城に入ったが、翌年、毛利の大軍に城を包囲された。援軍の秀吉・荒木村重(むらしげ)軍は三木城攻略のため撤退し、上月城は孤立した。尼子勢は全滅し、生き残った山中鹿介は毛利方に護送される途中で謀殺された。上月城はその後廃城となった。現在は、土塁・石垣・空堀などの遺構が残り、本丸に赤松氏の供養塔、麓には尼子氏の供養塔がある。上月城から1.5km離れたところに上月歴史資料館があり、上月城の歴史を展示している。JR姫新線上月駅から徒歩15分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上月城の言及

【上月[町]】より

…千種川中流域を占め,西は岡山県に接する。中心市街の上月はかつては津山街道沿いの交通の要所で,戦国時代に尼子勝久,山中鹿介が拠り,宇喜多氏と戦って落城した上月城跡がある。久崎は千種川と佐用川の合流点にあり,赤穂に通じる舟運の起点であった。…

【山中鹿介】より

…その後,織田信長の援助をうけ,73年(天正1)因幡に侵入,鳥取城を陥すなど再び吉川勢と戦ったが,76年因幡若桜鬼城を陥されて京都に逃れた。翌年より羽柴(豊臣)秀吉の中国経略に加わり,播磨上月城の守備を任された。78年秀吉の兵力が毛利氏に通じた別所長治の三木城攻撃に向けられている間に,上月城は毛利氏の大軍に囲まれ,籠城戦の末に勝久自害を条件として降伏した。…

※「上月城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上月城の関連キーワード兵庫県佐用郡佐用町庵兵庫県佐用郡佐用町上月兵庫県佐用郡佐用町光都兵庫県佐用郡佐用町佐用兵庫県佐用郡佐用町多賀兵庫県佐用郡佐用町西河内兵庫県佐用郡佐用町林崎兵庫県佐用郡佐用町春哉兵庫県佐用郡佐用町平福兵庫県佐用郡佐用町淀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上月城の関連情報