コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉景虎 うえすぎかげとら

3件 の用語解説(上杉景虎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉景虎
うえすぎかげとら

[生]天文22(1553).小田原
[没]天正7(1579).3.24. 越後
戦国時代の武将。北条氏康の子。幼名は国増丸。初名は氏秀。武田信玄の養子となったが,武田,北条の不和により帰国。次いで永禄 12 (1569) 年,北条氏康と越後上杉謙信和睦のとき,謙信の養子となり,謙信の幼名を受けて景虎と改名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉景虎 うえすぎ-かげとら

1553?-1579 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)22年?生まれ。北条氏康の7男。はじめ武田信玄の,元亀(げんき)元年越後(えちご)の上杉謙信の人質,のち謙信の養子となり,その姪(めい)(長尾政景の娘)と結婚。謙信の没後おなじ養子の上杉景勝と家督をあらそい(御館(おたて)の乱)敗北。天正(てんしょう)7年3月24日自殺した。27歳?相模(さがみ)(神奈川県)出身。初名は氏秀。通称は三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うえすぎかげとら【上杉景虎】

1553~1579) 戦国時代の武将。北条氏康の子。初名、氏秀。人質として武田信玄の養子となり、のち、上杉謙信の養子となった。謙信の死後、上杉景勝との遺領相続争いに敗れ、自殺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上杉景虎の言及

【上杉景勝】より

…安土桃山・江戸初期の大名。越後魚沼郡上田庄(南魚沼郡六日町)の領主長尾政景の子。1564年(永禄7)父の急死後,叔父上杉謙信の庇護をうけ,のち養子となった。幼名卯松,喜平次顕景,75年(天正3)景勝と改名。78年3月養父謙信が急逝すると遺言と称して春日山に拠り,前関東管領上杉憲政の御館(おたて)に拠る景虎(北条氏康の子で謙信の養子)と戦う(御館の乱)。最初は必ずしも有利でなかったが,翌年には景虎を倒し,翌々年には反景勝派を平定した。…

【御館の乱】より

…1578‐80年(天正6‐8),越後国で起きた戦乱。1578年3月,越後の戦国大名上杉謙信が急死すると,その跡目をめぐって上杉景勝と上杉景虎の2派が抗争した。景勝は同国魚沼郡上田庄の長尾氏出身で,上田衆とよばれる旧臣らに擁立され,景虎は生家の北条氏政らの後援と蒲原郡三条の神余親綱,古志郡栃尾の本庄秀綱など謙信旗本の一部有力者に支持された。…

※「上杉景虎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上杉景虎の関連キーワード織豊時代安藤定実池田泰長一色義尭宇久純尭大関清増佐知景則忠津則清波多野宗長別所豊治

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上杉景虎の関連情報