コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉重能 うえすぎしげよし

5件 の用語解説(上杉重能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉重能
うえすぎしげよし

[生]?
[没]正平4=貞和5(1349).12.21. 越前
南北朝時代の武将。勧修寺宮津入道道宏の子で,上杉憲房の養子。室町幕府引付頭人。伊豆守,伊豆守護。足利直義の執事であったが,直義と高師直が対立したとき,師直のため越前に配流させられ,殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉重能 うえすぎ-しげよし

?-1350* 鎌倉-南北朝時代の武将。
伯父上杉憲房の養子。宅間上杉家の祖。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年足利尊氏にしたがい,六波羅攻めにくわわる。室町幕府成立後は足利直義(ただよし)に属し引付一番頭人,伊豆(いず)守護となる。尊氏の執事高師直(こうの-もろなお)と対立。越前(えちぜん)(福井県)に流され,貞和(じょうわ)2=正平(しょうへい)4年12月20日ごろ殺害された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉重能

没年:貞和5/正平4.12.20(1350.1.28)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将。伊豆守。勧修寺別当宮津入道道【G7EDF/どうと】と,上杉憲房の妹加賀局の間に生まれ,憲房の養子となる。足利尊氏・直義兄弟に従って転戦し,室町幕府引付一番頭人,伊豆守護となる。直義の近臣として活動し,対立する高師直を除こうとする企ての中心にいた。そのため貞和5/正平4年に師直のクーデタが成功すると越前に流され,師直の命で殺された。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うえすぎしげよし【上杉重能】

?‐1349(正平4∥貞和5)
南北朝時代の武将。勧修寺別当宮津入道道兎の子,上杉憲房の養子。1333年(元弘3)足利尊氏に従い六波羅を攻撃。建武政権下で武蔵国守護代。幕府成立後,足利直義の吏僚として引付一番頭人,伊豆国守護となる。のち尊氏執事高師直と対立するようになり,師直排斥の中心人物となる。49年師直に攻撃され,尊氏により越前に流されて同地で殺害された。上杉能憲(よしのり)はその養子である。【伊藤 喜良】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉重能
うえすぎしげよし
(?―1349)

南北朝時代の武将。母の縁で叔父上杉憲房(のりふさ)の養子となり、詫間(たくま)上杉氏をたて、足利尊氏(あしかがたかうじ)の重臣となった。1333年(元弘3・正慶2)養父憲房とともに尊氏に決起を促して六波羅(ろくはら)攻めを行い、北条氏を滅亡させた。それ以来たび重なる戦功をあげ、伊豆守(かみ)(のちに守護兼帯)、武蔵(むさし)守護代、引付方一番頭人となり、さらに執事として尊氏の側近にあって一時権勢を振るった。49年(正平4・貞和5)同じ執事の高師直(こうのもろなお)と対立して権力の座を追われ、越前(えちぜん)に配流され、江守荘(しょう)において、師直の命令により守護代八木光勝(やぎみつかつ)によって殺された。法名報恩寺秀峯道宏。[峰岸純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉重能の関連キーワード安宅頼藤伊賀兼長高津長幸淡輪助重南部政行禰寝清種船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone