コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫間 たくま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詫間
たくま

香川県西部,三豊市北部の旧町域。三豊平野の北部から荘内半島にかけて広がる。粟島志々島を含む。 1942年町制。 1955年荘内村,粟島村の2村と合体。 2006年高瀬町,山本町,三野町,豊中町,仁尾町,財田町の6町と合体して三豊市となる。中心集落の詫間は坂出港,高松港に次ぐ県下第3の貿易港で,おもに木材を輸入し,三野津湾の埋立地には木材加工団地や,造船,合板などの工場がある。農村部では米,野菜,花卉を栽培し,海岸部では養殖漁業が行なわれる。粟島の海員学校は 1989年に閉校し,粟島海洋記念館となり国の登録有形文化財に指定された。荘内半島先端部,紫雲出山,粟島,志々島などは瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たくま【詫間】

香川県西部、三豊みとよ市の地名。瀬戸内海に突出する三崎半島と粟島・志々島からなる。浦島太郎伝説の地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詫間
たくま

香川県西部、三豊(みとよ)郡にあった旧町名(詫間町(ちょう))。現在は三豊市の北西部を占める一地区。瀬戸内海に突き出た三崎(荘内(しょうない))半島と粟島(あわしま)、志々(しし)島からなる。1942年(昭和17)町制施行。1955年荘内、粟島の2村と合併。2006年(平成18)高瀬(たかせ)、山本(やまもと)、三野(みの)、豊中(とよなか)、仁尾(にお)、財田(さいた)の6町と合併して市制施行、三豊市となる。詫間湾、三野津湾は良港で、漁業のほか輸入木材が水揚げされ、また湾岸には造船、化学工場が立地する。市街は高瀬川の下流に形成され、JR予讃線が通る。浦島太郎伝説に由来するという生里(なまり)、箱(はこ)、紫雲出山(しうんでやま)などの地名がある。畑地が多く、古くはジョチュウギク、タバコ、赤トウガラシを特産したが、現在は減少しており、キク、マーガレットなどの花卉(かき)栽培が盛んで、京阪神地方を中心に広く出荷されている。粟島、紫雲出山などは瀬戸内海国立公園の一部。国立香川高等専門学校の詫間キャンパスがある。[稲田道彦]
『『詫間町誌』(1971・詫間町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

詫間の関連キーワードふれあいパークみの山本(香川県)おれんじホープ三野(香川県)粟島(香川県)高瀬(香川県)詫間海軍航空隊三宅 徳三郎香川県三豊市新田 藤太郎紫雲出遺跡吉田石油店漂流郵便局安藤 元博三豊(市)詫間[町]香川(県)三豊[市]高地性集落小林 万吾

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詫間の関連情報