コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上泉伊勢守 かみいずみいせのかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上泉伊勢守
かみいずみいせのかみ

[生]?
[没]天正1(1573).大和,柳生
室町時代後期の兵法家。名は秀綱,のち信綱。上野箕輪城主長野業盛に仕え,愛洲陰流刀槍を学び,神陰流を創始した。永禄6 (1563) 年2月業盛の死後,武田信玄に仕えたが,剣法修行のため諸国遊歴の旅へ出た。門人には,柳生宗厳,疋田文五郎,神後伊豆守らがおり,いずれも一派を形成した。特に柳生宗厳の新陰流がその子宗矩にいたって江戸幕府の保護のもとに強大になると,上泉伊勢守は剣聖と仰がれ,近世武術の祖といわれるようになった。 (→塚原卜伝 )  

上泉伊勢守
こういずみいせのかみ

上泉伊勢守」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上泉伊勢守 こういずみ-いせのかみ

?-1573 戦国-織豊時代の剣術家。
上野(こうずけ)(群馬県)勢多郡(せたぐん)上泉の人。箕輪(みのわ)城主長野業盛(なりもり)につかえる。戦功がおおく,上野国一本槍と称される。愛洲(あいす)陰流の刀槍術をまなび,新陰流をひらく。長野氏滅亡後は諸国を遊歴し,柳生宗厳(やぎゅう-むねよし),宝蔵院胤栄(いんえい)らに技をつたえた。天正(てんしょう)元年死去。名は秀綱,信綱。姓は「かみいずみ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上泉伊勢守の言及

【上泉秀綱】より

…戦国時代の剣術家。生没年不詳。新陰流の祖であると同時に上泉流兵法学の祖。初め伊勢守,後に武蔵守信綱。永正年間(1504‐21)上州桂萱郷(かいがやごう)上泉(現,前橋市上泉)に生まれる。彼の生涯は戦国動乱の時代で,関東甲信越は群雄が各地に割拠し,互いに攻防を繰り返していた。上泉家は,最初上杉の配下にあり大胡城主であったが,北条,上杉,武田とその支配が変転した。武将としての秀綱は,武田から惜しまれながら新陰流の修行弘流のため武田家を辞し,1563年(永禄6)より兵法修行者として出郷。…

※「上泉伊勢守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

上泉伊勢守の関連キーワード兵法家伝書柳生新陰流丸目蔵人佐柳生兵庫助疋田豊五郎国士無双山岡宗無タイ捨流愛洲陰流柳生宗矩愛洲移香宝蔵院流剣の天地磯端伴蔵上泉秀胤神後宗治柳生流柳生氏疋田流上野

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android