コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上溝桜/上不見桜 ウワミズザクラ

デジタル大辞泉の解説

うわみず‐ざくら〔うはみず‐〕【上溝桜/上見桜】

バラ科サクラ属の落葉高木。山野自生樹皮は紫褐色で、小枝は秋に脱落。葉は楕円形で先がとがり、縁に鋭いぎざぎざがある。晩春、葉よりあとに、白色の小花を多数つけ、実は丸く、熟すと黒い。つぼみや未熟な実を塩漬けにして食べる。名は、昔、亀甲で占うとき、この材の上面に溝を彫って使ったところからといわれる。ははか。金剛桜(こんごうざくら)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

上溝桜 (ウワミズザクラ・ウワミゾザクラ)

学名:Prunus grayana
植物。バラ科の落葉高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

上溝桜/上不見桜の関連キーワード加爾波迦邇波加仁波桜皮太占

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android