コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上牧[町] かんまき

百科事典マイペディアの解説

上牧[町]【かんまき】

奈良県,奈良盆地中西部にある北葛城(きたかつらぎ)郡の町。馬見(うまみ)丘陵のほぼ中央にあり,スイカ,イチゴ,ブドウを産する。大阪のベッドタウン化が進んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんまき【上牧[町]】

奈良県北部,北葛城郡の町。1972年町制。人口2万3811(1995)。奈良盆地西部に位置し,馬見丘陵滝川,葛下川流域の平たん地からなる。丘陵部には溜池が多い。大阪市中心部まで約1時間の距離にあるため,近年急速に住宅地化が進み,西名阪自動車道沿いに片岡台や桜ヶ丘などの住宅団地が建設された。人口も1970年までは4000人台であったが,その後の25年間で約6倍に急増した。町域の南部は農業地帯で,米作やスイカ,イチゴなどの栽培が盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android