コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上牧町 かんまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上牧〔町〕
かんまき

奈良県北西部,奈良盆地西部にある町。 1972年町制。町名は古代に官営牧場があったことに由来する。馬見丘陵の北部を占め,米作のほか果樹を栽培。農村工業として履物製造がある。 69年北部に西名阪自動車道が開通,隣接する河合町にまたがる大規模な住宅団地の建設など,急速に都市化が進んだ。面積 6.14km2。人口 2万2054(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

上牧町の関連キーワード奈良県北葛城郡上牧町中筋出作奈良県北葛城郡上牧町松里園奈良県北葛城郡上牧町葛城台奈良県北葛城郡上牧町滝川台奈良県北葛城郡上牧町友が丘奈良県北葛城郡上牧町服部台奈良県北葛城郡上牧町片岡台奈良県北葛城郡上牧町緑ヶ丘奈良県北葛城郡上牧町桜ヶ丘奈良県北葛城郡上牧町米山台奈良県北葛城郡上牧町下牧奈良県北葛城郡上牧町上牧奈良県北葛城郡上牧町の要覧上牧(町)上牧遺跡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上牧町の関連情報