コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上白 ウエシロ

デジタル大辞泉の解説

うえ‐しろ〔うへ‐〕【上白】

襲(かさね)の色目で、表を白にしたもの。

じょう‐はく〔ジヤウ‐〕【上白】

上等の白米。「上白の飯」
1でつくった上質の酒。
上白糖」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うえしろ【上白】

かさねの色目の名。表の白いもの。

じょうはく【上白】

上等の白米。 「朱椀の定器に-の飯まま/浄瑠璃・天神記」 → 中白下白げはく
上等の白米で作った酒。諸白もろはく
上白糖 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上白の関連情報