下官(読み)ゲカン

デジタル大辞泉の解説

げ‐かん〔‐クワン〕【下官】

下級の官職。下級の官吏。
役人が、自分のことをへりくだっていう語。卑官。
「―退出」〈小右記・寛仁元年八月廿七日〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げかん【下官】

( 名 )
下級の官職・官吏。
( 代 )
一人称。官職についている人が、自分のことを謙遜していう語。 「 -対へて曰く/万葉集 八五三詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐かん ‥クヮン【下官】

〘名〙 下級官職。また、下級の官吏。げかん。〔日葡辞書(1603‐04)〕

げ‐かん ‥クヮン【下官】

[1] 〘名〙
① 下級の官職。下級の官吏。かかん。
※今昔(1120頃か)三「下官(げくゎん)の人を以て有様を見せむが為に彼の室へ遣る時に」 〔晉書‐毛宝伝〕
② 身分の低い人。下賤の者。
浮世草子・新色五巻書(1698)四「此国の片ゑ理府といへる所には、下官(ゲクン)の男女、織物して渡世とする」
[2] 〘代名〙 自称。官吏が自分のことをへりくだっていう。
万葉(8C後)五・八五三・序文「下官対曰唯々敬奉芳命
※中右記‐寛治七年(1093)一二月二八日「乗御馬深草山陵給、于時風吹雪散、寒気殊甚、尾張守忠教、左中将有賢、下官扈従」
[補注]((二)について) (1)中国の「遊仙窟」に多く見られるところから、唐代から盛行した口語俗語であったと思われる。
(2)日本では早く挙例の「万葉‐八五三・序文」があるが、万葉の知識人に広く読まれた「遊仙窟」的な表現が随所に見受けられるので、やはり唐代の口語・俗語の系譜を引いているものと考えられる。その後、「小右記」「中右記」など古記録に多用されて一般化した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下官の関連情報