下札(読み)さげふだ

世界大百科事典 第2版の解説

さげふだ【下札】

下紙(さげがみ)ともいう。江戸時代の公文書に貼付された付箋の一種で,文書の下の周縁部にはり下げた紙片。下札の記載内容は種々であるが,はった上部の本文の記述についての訂正,意見,理由,補足説明などを記したものが多い。とくに稟議書類において各人の修正意見を表明する場合によく見られる形式である。なお,地方によっては年貢割付状を下札と呼んでいるところがある。【笠谷 和比古】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さげ‐ふだ【下札】

〘名〙
① 下げた札。氏名、住所、所属などを書いて身につけたり、物につけて下げておく札。
※倭語類解(17C後‐18C初)軍器「牌 サゲフダ」
※諸問屋再興調‐一・上・諸問屋諸株再興書面進達手続書(1848)「左問書答之下け札え、尚又再下け札にて弐冊添、土佐守より戻る」
③ 江戸時代、決定された租額を村方へ通告する書付。年貢の割当状のこと。割付(わっぷ)。〔地方凡例録(1794)〕
④ 検地小帳(個人持土地抄本)の通称。
⑤ 江戸時代末、京都川東の花街に行なわれた、組合規約による営業停止の制裁。
※洒落本・当世嘘之川(1804)三「其狂言が神楽講へきこへ、店から溜野さん下(サ)げ札(フダ)と云てきたは」
⑥ 広く知らせる内容を書いた札をさげること。また、その札。
※落語・出世の鼻(1892)〈禽語楼小さん〉「此の切の名をお知らせ下さる御方には御礼として百両を差上申候と云ふ下げ札を致しました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の下札の言及

【年貢割付状】より

…江戸時代,幕領であれば代官,藩領であれば郡奉行(こおりぶぎよう)など出先の農政役人が定めたその年の年貢高を,村に通達する文書。御成箇割付(おなりかわりつけ),可納割付(かのうわつぷ),免状,下札(さげふだ)ともいう。幕領代官所には年貢割付あるいは下帳・元帳という台帳が作成される例があり,成箇郷帳(なりかごうちよう)(取箇郷帳),年貢皆済目録(ねんぐかいさいもくろく)とともに地方(じかた)三帳と称し,農村支配のための基本的な年貢徴収の帳簿であった。…

※「下札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android