不動産仲介業(読み)ふどうさんちゅうかいぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動産仲介業
ふどうさんちゅうかいぎょう

宅地建物取引業の俗称。宅地や建物(建物の一部を含む)の売買、交換または貸借の代理、仲介、斡旋(あっせん)行為を業務として行う営業である。不動産屋ともいう。不動産業のおもな業務は、(1)不動産の貸借および管理、(2)不動産の売買、(3)不動産の売買・貸借の仲介、(4)不動産の鑑定評価、(5)宅地・工場用地などの造成分譲、(6)保険代理業務、など多くの分野に分かれるが、このうち、もっぱら(3)のみを業務内容とするのが不動産仲介業である。不動産は土地に固定しているので、一般の商品や証券と異なり、特殊な流通システムをもつ。大規模な分譲地や分譲住宅、あるいは公営住宅のような公募制によるものを除き、民間の住宅、アパート、貸し間などは、大部分が不動産仲介業の情報によって、売買・貸借の仲介・斡旋が行われている。
 不動産仲介業は、宅地建物取引業者として宅地建物取引業法の適用を受け、2以上の都道府県の区域内に事務所を置く場合は国土交通大臣の、1都道府県の区域内にのみ事務所を置く場合は都道府県知事の免許を受けなければならず、その事務所には、都道府県知事が行う宅地建物取引主任資格試験に合格した宅地建物取引主任者を置かなければならない。宅地建物取引業者は、信義を旨とし誠実にその業務を行わなければならず、誇大広告等の禁止、広告開始時期の制限、取引態様の明示、重要事項の説明等の規制を受ける。[宮田三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不動産仲介業の言及

【不動産業】より

…大手不動産業では,ホテルや郊外ショッピング・センターなどの新しい賃貸事業,等価交換方式によるマンション建設や土地信託方式によるビル建設などの新事業が模索されている。また中小業者が大半を占める不動産仲介業の分野でも,中小業者の協同化のほか,コンピューターによる物件検索や映像情報といった情報化への動きなど,新しい動きが出てきている。住宅問題土地問題【中山 裕登】。…

※「不動産仲介業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不動産仲介業の関連情報