コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不導体 ふどうたいnonconductor

翻訳|nonconductor

5件 の用語解説(不導体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不導体
ふどうたい
nonconductor

電気を伝えない物質。絶縁体誘電体,電媒質ともいう。導体に対する用語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

不導体【ふどうたい】

熱または電気の伝導率がごく小さい物質。絶縁体に同じ。→導体半導体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不導体
ふどうたい
insulator

金属のように電気を通す導体に対して、ガラス、陶器、プラスチックのように電気を通さない物質の総称。電気、熱をよく通さない点を強調して絶縁体、電界(電場)との相互作用の点を強調して誘電体ともいう。
 物質の電気の通しにくさは比抵抗によって表される。金属・半導体は導体に、絶縁体は不導体に区分されるが、比抵抗の値で明確な境目があるわけではない。物質が電気を通すか通さないかは、その内部を自由に動き回ることができる荷電粒子(電子、正孔など)をもつかもたないかによる。金属は、そのような荷電粒子を非常に多数もつ物質である。
 半導体は、温度が上昇するにつれてそのような荷電粒子の数が急速に増大する物質である。絶縁体は、そのような荷電粒子をもたない物質である。物質が金属となるか半導体となるか、絶縁体となるかは、化学結合の種類に依存している。原子が結合して結晶をつくる場合の結合様式には金属結合と共有結合とイオン結合とがある。金属結合とは、電気伝導にあずかる電子を供給するような結合で金属におこる。共有結合とは、結合する原子がおのおの1個ずつ電子を出し合って、2個の電子を2個の原子が共有する形式のものである。イオン結合とは、電子が隣の原子へ乗り移って、正イオンと負イオンが電気力で結合するものである。不導体は共有結合、イオン結合の物質である。この場合、原子間の結合に関与する電子は、おのおのの原子に堅く結び付いており、物質内を自由に動くことができる電子はない。半導体は共有結合の物質であるが、電子の原子への結合が弱く、熱エネルギーで結合が切れて結晶内を動き回るようになる物質である。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不導体の関連情報