コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不導体 ふどうたい nonconductor

翻訳|nonconductor

5件 の用語解説(不導体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不導体
ふどうたい
nonconductor

電気を伝えない物質。絶縁体誘電体,電媒質ともいう。導体に対する用語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふ‐どうたい〔‐ダウタイ〕【不導体】

熱や電気が伝わりにくい物体。ガラス・雲母など。不良導体。絶縁体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不導体【ふどうたい】

熱または電気の伝導率がごく小さい物質。絶縁体に同じ。→導体半導体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふどうたい【不導体】

熱または電気を非常に伝えにくい物体。絶縁体。不良導体。 ↔ 導体

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不導体
ふどうたい
insulator

金属のように電気を通す導体に対して、ガラス、陶器、プラスチックのように電気を通さない物質の総称。電気、熱をよく通さない点を強調して絶縁体、電界(電場)との相互作用の点を強調して誘電体ともいう。
 物質の電気の通しにくさは比抵抗によって表される。金属・半導体は導体に、絶縁体は不導体に区分されるが、比抵抗の値で明確な境目があるわけではない。物質が電気を通すか通さないかは、その内部を自由に動き回ることができる荷電粒子(電子、正孔など)をもつかもたないかによる。金属は、そのような荷電粒子を非常に多数もつ物質である。
 半導体は、温度が上昇するにつれてそのような荷電粒子の数が急速に増大する物質である。絶縁体は、そのような荷電粒子をもたない物質である。物質が金属となるか半導体となるか、絶縁体となるかは、化学結合の種類に依存している。原子が結合して結晶をつくる場合の結合様式には金属結合と共有結合とイオン結合とがある。金属結合とは、電気伝導にあずかる電子を供給するような結合で金属におこる。共有結合とは、結合する原子がおのおの1個ずつ電子を出し合って、2個の電子を2個の原子が共有する形式のものである。イオン結合とは、電子が隣の原子へ乗り移って、正イオンと負イオンが電気力で結合するものである。不導体は共有結合、イオン結合の物質である。この場合、原子間の結合に関与する電子は、おのおのの原子に堅く結び付いており、物質内を自由に動くことができる電子はない。半導体は共有結合の物質であるが、電子の原子への結合が弱く、熱エネルギーで結合が切れて結晶内を動き回るようになる物質である。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不導体の関連キーワード蛍石脳症又又又もマラリア療法三日熱キサントン熱帯熱マラリア三日熱マラリア四日熱マラリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不導体の関連情報