コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不改常典 ふかいのじょうてん

3件 の用語解説(不改常典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不改常典
ふかいのじょうてん

元明天皇即位に初見し,聖武天皇譲位に終る,宣命中に引かれた法制度。「天智天皇の創始にかかる不改常典」と称せられ,その内容は皇位継承法に関するものと推定されている。ただし,それが単なる直系相続を定めたものか,直系相続中の嫡系相続を定めたものかは定かでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふかいのじょうてん【不改常典】

天智天皇の定めたという皇位継承にかかわる法のこと。〈改(かわ)るまじき常の典(のり)〉と読む。《続日本紀》にみえる707年(慶雲4)の元明天皇即位の宣命に,〈関(かけまく)も威(かしこ)き近江の大津宮に御宇(あめのしたしろしめ)しし大倭根子天皇の,天地と共に長く日月と共に遠く,改るまじき常の典〉とみえるのが初見で,以後修飾は簡略になるが,聖武・孝謙の両天皇の即位宣命にみられる。これは古くは大化改新の詔,または天智天皇の制定した近江令を指すと解せられていたが,1951年に岩橋小弥太が,大化改新詔や,近江令を発展させた大宝令には皇位継承に関する規定のないこと,近江令は制定後改変され〈不改〉といえないことなどから,旧説を否定し,それらとは別に定めた皇位直系相続の制であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不改常典
ふかいのじょうてん

天智天皇(てんじてんのう)が定めた、皇位継承に関すると推定される法。「不改常典(かわるまじきつねののり)」「不改常典(あらたむまじきつねののり)」とも読む。707年(慶雲4)の元明天皇(げんめいてんのう)即位宣命(せんみょう)に初見。持統天皇から文武天皇(もんむてんのう)への譲位は天智天皇の「天地と共に長く日月と共に遠く改るまじき常の典」に基づくとある。以後、元正天皇(げんしょうてんのう)から聖武天皇へ、聖武天皇から孝謙天皇への譲位の際の詔(みことのり)にもみえる。かつては近江令(おうみりょう)をさすと考えられたが、現在は母子(祖母・孫)共治の原則を示した法、あるいは父系の嫡系ないし直系継承を規定した法とみる説などが有力である。[門脇二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone