コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不正アプリ フセイアプリ

2件 の用語解説(不正アプリの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふせい‐アプリ【不正アプリ】

スマートホンタブレット型端末アプリケーションソフトのうち、不正な目的のために作成されたもの。一般の有用なアプリケーションを装って利用者にダウンロードさせ、電話帳の内容や位置情報などの個人情報を抜き取ったり、カメラを勝手に作動させて盗み撮りしたりするものがある。また、コンテンツ配信サービスの有料コンテンツを無料でだまし取るといった違法行為に使われたアプリケーションも見つかっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不正アプリ
ふせいあぷり

個人情報を抜き取るなどの不審な動きをする、悪質なスマートフォンのアプリ(アプリケーション・ソフト)のこと。コンピュータウイルスの一つであるマルウェアの、スマートフォン版といえる。Android(アンドロイド) OS用のアプリを中心に流通し、アップルのiPhone(アイフォーン)用のものも確認されている。
 おもな挙動としては、ユーザーが認識も許可もしていない状態で、端末内の各種データを収集し外部サーバーに送信する、課金サイトにアクセスして自動的に利用する、などがあげられる。その際に流出するデータには、端末固有の電話番号や識別番号およびSIM(シム)情報、アドレス帳をはじめとするユーザーが個別に登録した情報、GPSなどによる位置情報が含まれる。
 不正アプリの多くは、実際にはそのような機能はないにもかかわらず、バッテリーの持続時間を延ばすといった効果をうたう無料アプリとして提供されたため、利用者が増え被害も広がった。
 アプリ頒布の公式なサイトであるGoogle Playで公開されることもあったが、Google側ではチェック機能を強化するとともに、発見された場合はすぐに削除するなどの対応を行っている。自衛手段としては、インストールしようとするアプリに関する情報を集める、ダウンロードするときは信用できるサイトから行う、作成者や提供元が不明なアプリを安易に使用しない、などがあげられる。アプリが求めるアクセス許可の範囲や内容が不自然で広い場合は、不正アプリである可能性が高い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不正アプリの関連キーワードモバイルガジェットタブレット型情報端末アンドロイド端末AndroidタブレットURLスキーマATIVクラウド端末スマートデバイスブラウザーアプリモバイルアプリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不正アプリの関連情報