コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しむ シム

4件 の用語解説(しむの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しむ[助動]

[助動][しめ|しめ|しむ|しむる|しむれ|しめよ(しめ)]動詞および一部の助動詞の未然形に付く。
使役の意を表す。…せる。…させる。
「人を感動せしむること、真なるかな」〈去来抄・先師評〉
(多く「たまう」などの尊敬の意を表す語を伴って)尊敬の意を強める。…なさる。…あそばす。
「やがて山崎にて出家せしめ給ひて」〈大鏡・時平〉
(謙譲の動詞とともに用いて)謙譲の意を強める。→さすさせるせる
「家貧ならむ折は御寺に申し文を奉らしめむとなむ」〈大鏡・道長上〉
[補説]上代は1の用法だけで、23平安時代に入って生じた。平安時代以降は、漢文訓読文に多く用いられる。中世では、「見る」「得る」などには「見せしむ」「得せしむ」の形をとる。口語形「しめる」。

しむ[助動]

[助動][〇|しむ|しむ|しむ|しめ|〇]《助動詞「しも」の音変化。室町時代語》四段・ナ変動詞の未然形に付く。軽い尊敬の意を表す。なさる。→しも[助動詞]
「かまいて火ばしとぼさしむな」〈四河入海・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しむ

( 助動 ) ( ○ ・しむ ・しむ ・しむ ・○ ・○ )
〔助動詞「しも」の転。中世後期の語〕
四段活用・ナ行変格活用の動詞の未然形に付く。動作の主体に対して尊敬の意を表す。 「かう祈られたによつてか武王のとりなほさしむたそ/史記抄 2」 → しも(助動)

しむ

( 助動 ) ( しめ ・しめ ・しむ ・しむる ・しむれ ・しめよ(しめ) )
動詞および一部の助動詞の未然形に付く。
使役、すなわち、他にある動作をさせる意を表す。しめる。せる。させる。 「さらに帝と立てて天の下を治めしめむと念ひて/続紀 天平神護一宣命」 「この幣の散る方に、御舟速かに漕がしめ給へ/土左」 「太子又舎人跡見に仰せて四天王に誓ひて矢をはなたしむ/著聞 2」 「愚かなる人の目を喜ばしむる楽しみ又あぢきなし/徒然 38」 「食物ども…皆取出してくはしむれば釣人ども…皆よく取り食てけり/今昔 26
「たまふ」など尊敬の意を表す語を下に伴って、尊敬の意を表す。お(ご)…なさる。…せられる。 「用意してさぶらへ。びんなき事もあらばおもく勘当せしめ給ふべきよしなむ仰言侍りつれば/源氏 浮舟」 「殿は何とかせしめ給ふ/宇津保 祭の使」 「おほやけも行幸せしめ給ふ/大鏡 時平
「奉る」など謙譲を表す語とともに用いられて、謙譲の意をさらに強める。 「家貧ならむ折は、御寺に申文を奉らしめむ/大鏡 藤氏物語」 「近年御領について武蔵の長井に居住せしめ候き/平家 7」 〔「しむ」は使役を表す助動詞として、上代から一般に用いられたが、中古には主として漢文訓読系の文章に用いられ、仮名文学作品には「す」「さす」が用いられるようになった。また、中古にはの敬語用法が生じ、仮名文学作品を中心として行われた。なお、「見る」「得る」などの動詞に付く時、「せしむ」の形をとる(「見せしむ」「得せしむ」)のも、中世以降のことである〕 → しめる(助動)す(助動)さす(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しむの関連キーワード使勤しむ凍む占むしめる絞む締む等しむ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しむの関連情報