コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世知原 せちばる

2件 の用語解説(世知原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世知原
せちばる

長崎県北部,佐世保市北東部の旧町域。北松浦半島の東部,佐々川上流域の内陸小盆地を中心に広がる。東で佐賀県に接する。 1940年町制。 2005年佐世保市に編入。 1892年以来炭鉱の町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世知原
せちばる

長崎県北部に位置し、北松浦(きたまつうら)郡にあった旧町名(世知原町(ちょう))。現在は佐世保(させぼ)市の北東端部を占める。旧世知原町は1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)佐世保市に編入。旧世知原町は1892年(明治25)以降石炭開発に伴って発展、国鉄世知原線を通じ、1953年(昭和28)には炭坑数119、年間出炭量281万トンを記録したが、1970年全鉱閉山し、国鉄は廃止された。閉山後は厚木ナイロンなど数社が誘致されている。東方、佐賀県境に名峰国見(くにみ)山(777メートル)を有し、西に広がる溶岩台地にはヒノキの造林が進み、茶園が開かれている。板山(いたやま)、鷹取(たかとり)では大規模茶園が経営され、大型茶工場を有し、世知原茶の名がある。山腹や台地斜面には棚田が発達、米作が盛んであるが、長田代(ながたしろ)、北川内(きたがわうち)、開作(かいさく)などでは地すべりが多発している。国見山は佐賀県ならびに北松(ほくしょう)溶岩台地を望む絶佳の地で、中腹に国民宿舎国見山荘がある。[石井泰義]
『『世知原町郷土史』(1956・世知原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世知原の関連情報