両義性(読み)りょうぎせい

デジタル大辞泉の解説

りょうぎ‐せい〔リヤウギ‐〕【両義性】

一つの事柄が相反する二つの意味を持っていること。対立する二つの解釈が、その事柄についてともに成り立つこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうぎせい【両義性】

ある概念や言葉に、相反する二つの意味や解釈が含まれていること。アンビギュイティ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両義性
りょうぎせい
ambigutフランス語

「二者択一」の反対語で、主知主義か経験論か、観念論か実在論かといった対立的・図式的な処理を拒む根源の領域、いいかえれば、主観―客観、対自―即自の固定的な対立を越えた、根源の生という基盤的領域を特徴づける。メルロ・ポンティは、人間的現存在が「対自か即自かの二者択一」を越えることを主張し、フッサールのいう「指向性」そのもののなかに、意識の生が自己のうちにとどまらずに外に出てたつ「実存」existenceの構造があることを指摘する。意識は確かに単なる物(即自)ではなく、主観的・対自的な超越の作用であると同時に、存在者(客観・即自)に向かい、存在者のもとにあるものとして「両義的」である。[山崎庸佑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうぎ‐せい リャウギ‥【両義性】

〘名〙 (ambiguïté の訳語) 一つの事柄が相反する二つの意味を持っていること。対立する二つの解釈が、その事柄についてともに成り立つこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両義性の関連情報