コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曖昧 あいまいambiguity

翻訳|ambiguity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曖昧
あいまい
ambiguity

多義性。普通2つ以上の意味にとれる表現として蔑視的にみられるが,W.エンプソンが『七つの型』 (1930) でこれを詩の大きな特徴であると主張して以来,言語技術の一つとしてむしろ積極的に評価されている。7つの型とは (1) 単語または文法構造が同時に多様に働く,(2) 2つ以上の意味が1つの単語または統語法にとけあっている,(3) 地口,(4) 2つ以上の意味が矛盾しつつ結びつき一層複雑な精神状態を示す,(5) ある観念が生成過程にあるために直喩などが甲乙両者の中間にとどまる,(6) ある表現が種々の矛盾によりなにものも意味せず読者の側での受取り方にまかされる,(7) 1単語のもつ2つの意味が文脈上対立し作者は主体の分裂を示す,という場合である。「新批評」以来重要な批評用語となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あい‐まい【曖昧】

[名・形動]
態度や物事がはっきりしないこと。また、そのさま。あやふや。「曖昧な答え」
怪しくて疑わしいこと。いかがわしいこと。また、そのさま。「曖昧宿(やど)」
[派生]あいまいさ[名]
[用法]あいまい・あやふや――「あいまいな(あやふやな)態度」「あいまいな(あやふやな)返事」の場合は、相通じて用いられる。◇「あいまい」は「責任をあいまいにする」「あいまいな説明でごまかす」のように、意識的に物事をはっきりさせないでおく場合にも用いる。これを「あやふや」で置き換えると不自然である。◇「あやふや」は「あやふやな気持ち」「あやふやな答弁」のように、本人自身が言葉や態度をはっきりさせられずにいる場合に用いることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいまい【曖昧】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「曖」も「昧」も暗い意〕
はっきりしないこと。確かでないこと。ぼやけていること。また、そのさま。あやふや。 「態度が-だ」 「 -なことを言う」
いかがわしいさま。 「 -屋」 「或琵琶弾の家のさき隣に小さい-な料理屋があつて/発展 泡鳴
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曖昧の関連キーワードバッハ:フゲッタ ハ短調/piano solo有機農産物等特別表示ガイドラインミケランジェロ ピストレット青果物特別表示ガイドラインファジーコンピュータミックスドシグナルノンフィクションソフトフォーカスかものはしかも。曖昧アクセントファジー家電バーナム効果ファジー検索ブルーカラー模糊・糢糊多義の虚偽多義の誤謬ペルシウスクルーガー明晰判明

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曖昧の関連情報