コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ノ沢温泉 なかノさわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中ノ沢温泉
なかノさわおんせん

福島県北部,猪苗代町にある温泉。安達太良山の西麓,標高 750mの高原に湧く。泉質は酸性明礬 (みょうばん) ・緑礬 (りょくばん) 泉。泉温は 56℃。湯量は豊富で,露天風呂をもつ宿が多い。昔から胃腸病や神経痛の名湯として知られ,保養客や療養客でにぎわってきた。現在も保養客中心であるが,郡山方面から磐梯高原や磐梯吾妻スカイラインへ向う母成グリーンライン沿いに位置するため,磐梯吾妻周遊の観光客も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕中ノ沢温泉(なかのさわおんせん)


福島県耶麻郡猪苗代(いなわしろ)町東部、安達太良(あだたら)山(標高1700m)の西側山腹にわく行楽・保養向きの温泉。吾妻(あづま)山と磐梯(ばんだい)高原、そして磐梯熱海(あたみ)温泉方面とを結ぶ接点に位置する。近隣にはスキー場が多く、その宿泊拠点ともなる。酸性‐アルミニウム・鉄(II)‐硫酸塩泉。泉温57℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中ノ沢温泉
なかのさわおんせん

福島県中北部、耶麻(やま)郡猪苗代(いなわしろ)町にある温泉。安達太良(あだたら)山西麓(ろく)にあり、北方6キロメートルの沼ノ平付近から引き湯している。1886年(明治19)の開湯以来湯治場であったが、磐梯吾妻(ばんだいあづま)スカイラインの開通に伴い近代化した。泉質は含鉄泉。冬季はスキー客でにぎわう。JR磐越西(ばんえつさい)線猪苗代駅からバスの便がある。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中ノ沢温泉の関連キーワード沼尻[温泉]高森熱海道路沼尻スキー場阿部 又吉阿部又吉母成峠原田