コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ノ沢温泉 なかノさわおんせん

3件 の用語解説(中ノ沢温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中ノ沢温泉
なかノさわおんせん

福島県北部,猪苗代町にある温泉。安達太良山の西麓,標高 750mの高原に湧く。泉質は酸性明礬 (みょうばん) ・緑礬 (りょくばん) 泉。泉温は 56℃。湯量は豊富で,露天風呂をもつ宿が多い。昔から胃腸病や神経痛の名湯として知られ,保養客や療養客でにぎわってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕中ノ沢温泉(なかのさわおんせん)


福島県耶麻郡猪苗代(いなわしろ)町東部、安達太良(あだたら)山(標高1700m)の西側山腹にわく行楽・保養向きの温泉。吾妻(あづま)山と磐梯(ばんだい)高原、そして磐梯熱海(あたみ)温泉方面とを結ぶ接点に位置する。近隣にはスキー場が多く、その宿泊拠点ともなる。酸性‐アルミニウム・鉄(II)‐硫酸塩泉。泉温57℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中ノ沢温泉
なかのさわおんせん

福島県中北部、耶麻(やま)郡猪苗代(いなわしろ)町にある温泉。安達太良(あだたら)山西麓(ろく)にあり、北方6キロメートルの沼ノ平付近から引き湯している。1886年(明治19)の開湯以来湯治場であったが、磐梯吾妻(ばんだいあづま)スカイラインの開通に伴い近代化した。泉質は含鉄泉。冬季はスキー客でにぎわう。JR磐越西(ばんえつさい)線猪苗代駅からバスの便がある。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中ノ沢温泉の関連キーワード福島県耶麻郡猪苗代町磐根福島県耶麻郡猪苗代町長田福島県耶麻郡猪苗代町川桁福島県耶麻郡猪苗代町城南福島県耶麻郡猪苗代町東川原福島県耶麻郡猪苗代町東町裏福島県耶麻郡猪苗代町東谷地福島県耶麻郡猪苗代町町東福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和福島県耶麻郡猪苗代町見禰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone