中山文七(読み)なかやまぶんしち

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまぶんしち【中山文七】

歌舞伎俳優。4世まである。(1)初世(1732‐1813∥享保17‐文化10) 狂言作者松屋来助の次男。初世中村新九郎の養子。1748年(寛延1)に文七と改名。実事と所作が得意で,上方において活躍した。(2)2世(1755‐98∥宝暦5‐寛政10) 1793年(寛政5)文七を襲名。やつし方が得意だったが,かたわら油商を営んで〈鬢付屋文七〉と呼ばれた。(3)3世(1764‐1853∥明和1‐嘉永6) 1804年(文化1)文七を襲名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android