コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山文七 なかやまぶんしち

1件 の用語解説(中山文七の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまぶんしち【中山文七】

歌舞伎俳優。4世まである。(1)初世(1732‐1813∥享保17‐文化10) 狂言作者松屋来助の次男。初世中村新九郎の養子。1748年(寛延1)に文七と改名。実事と所作が得意で,上方において活躍した。(2)2世(1755‐98∥宝暦5‐寛政10) 1793年(寛政5)文七を襲名。やつし方が得意だったが,かたわら油商を営んで〈鬢付屋文七〉と呼ばれた。(3)3世(1764‐1853∥明和1‐嘉永6) 1804年(文化1)文七を襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山文七の関連キーワード市川左団次大名題音羽屋歌舞伎子歌舞伎役者中村富十郎名題下成田屋播磨屋芳沢あやめ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone