中河内(読み)なかごうち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中河内
なかのかわち

滋賀県北部、長浜市(ながはまし)の一地区。高時(たかとき)川上流の山間地で、北西は福井県に接する。江戸時代は彦根(ひこね)藩支配下で、近江(おうみ)と越中(えっちゅう)国境の栃ノ木(とちのき)峠を控えた北国(ほっこく)街道(国道365号)の宿駅として栄えた。数次の火災によってその当時の景観は失われ、わずかに本陣跡の碑が残る。冬季の積雪が多く、栃ノ木峠近くにスキー場がある。また、ユキツバキとザゼンソウの自生地があり、県の天然記念物に指定されている。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中河内の言及

【河内[町]】より

…世羅台地にあり,東流する沼田(ぬた)川に入野川,椋梨(むくなし)川が合流し,谷沿いに小盆地が形成されている。沼田川と椋梨川の合流点にある中心集落の中河内は,1894年山陽本線の開通により農産物の集散地として急激に発展した。米作,タバコ栽培が行われシイタケ,マツタケなども産する。…

※「中河内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中河内の関連情報