中男作物(読み)ちゅうなんさくもつ

大辞林 第三版の解説

ちゅうなんさくもつ【中男作物】

律令制下の租税の一。中男に郷土の産物を納めさせるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

中男作物【ちゅうなんさくもつ】

令制下の租税中男大宝令では少丁)は17歳から20歳の男子。中央官庁が必要とする物品を,国郡司が中男を使役し調達して貢進したもので,717年設定。中男が不足の場合は正丁(21歳から60歳の男子)の雑徭(ぞうよう)で補った。物品の内容は庸調物に近い。→租庸調

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうなんさくもつ【中男作物】

律令時代の諸国からの貢納品の一種。律令では中男(17歳から20歳の男子,大宝令では少丁)に正丁(21歳から60歳の男子)の4分の1の調を課し,また正丁には調のほかに調副物として種々のものを納めさせていた。しかし717年(養老1)には,調副物を廃止するとともに中男の調も止め,その代りに,中央官庁が必要とする物品の必要量を概算して諸国に貢納を命じた。諸国では中男を使役してそれらの物品を調達し,中男が不足の場合には正丁の雑徭(ぞうよう)をあてて補うこととした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の中男作物の言及

【調】より

…なお調にそえて正丁には調副物を課したが,調副物は正調の30分の1ほどの量で,その品目は染色,工芸関係の材料や製品を主とし,食料品も加工材料用であったらしい。717年(養老1)に調副物と中男の調を廃止し,国郡司が中男を役して中央官庁で必要とする物品を作ったり,集めたりする中男作物(ちゆうなんさくもつ)の制を施行した。 調は律令財政の最も重要な収入源であり,官人の給与(位禄,季禄)にもあてられたので,その品質の低下や未納に対して,政府は厳しい態度でのぞんだが,品質の低下や未納が増加してくると,それを補うために,交易雑物(ぞうもつ)(出挙(すいこ)の利稲で調庸物に相当する物品を購入する)制度が展開していった。…

※「中男作物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android