中種子(町)(読み)なかたね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中種子(町)
なかたね

鹿児島県熊毛(くまげ)郡にあり、種子島(たねがしま)の中央部を占める町。1940年(昭和15)町制施行。町名は種子島の中央に由来する。町域の大半が丘陵で、海岸段丘が発達している。国道58号が通じ、北部の砂中(すななか)地区に種子島空港があり、鹿児島空港との間に定期便が飛ぶ。縄文・弥生(やよい)時代の遺跡が多く、律令(りつりょう)時代は多(たね)国に属する。近世、島津氏支配下の種子島氏私領。サトウキビを基軸とし、タバコ、サツマイモ、チャ、野菜、花卉(かき)の栽培、畜産が盛んである。油久(ゆく)に製糖工場、農業・食品産業技術総合研究機構の種苗管理センター鹿児島農場がある。サンゴ礁や奇岩の多い犬城(いぬじょう)・大塩屋海岸、海水浴でにぎわう熊野や砂丘の続く長浜海岸など景勝地も多い。本村(ほんむら)には約3万年前(旧石器時代)の立切(たちきり)遺跡があり、石斧(せきふ)、すり石、料理跡の焼土、木の実を貯蔵した土坑などが出土している。県無形民俗文化財の源太郎踊は旧暦10月16日に行われる。面積137.78平方キロメートル、人口8696(2010)。[平岡昭利]
『『中種子町郷土誌』(1971・中種子町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中種子(町)の関連情報