中種子町(読み)なかたね

  • 中種子〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿児島県南部,種子島中部にある町。 1940年町制。町域は丘陵性の台地で,農業が主産業。おもな作物サトウキビで,大規模な製糖工場がある。ほかにサツマイモ,米,紅茶,タバコなどの栽培と,乳牛肉牛の飼育も盛ん。中心地区は野間で,62年空港が開設され,鹿児島から約 40分で達する。長浜海岸,犬城 (いぬじょう) 海岸,熊野浦など景勝地が多い。熊野浦の付近にメヒルギの自生地がある。国道 58号線が通る。面積 137.18km2。人口 8135(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中種子町の関連情報