コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中種子[町] なかたね

世界大百科事典 第2版の解説

なかたね【中種子[町]】

鹿児島県熊毛郡,種子島中央部の町。人口1万0027(1995)。町域はゆるやかな丘陵地からなり,北部は山林,中南部は耕地が多い。中心集落の野間は島の南北をつなぐ交通の要地で,近くには種子島空港があり,大阪,鹿児島へ航空路が通じる。基幹産業は農業で,1戸当りの平均経営規模163a(1980)は県平均を大きく上回る。サトウキビを主に米作,オランダエンドウ,タバコ,サツマイモ,茶などの栽培と畜産が盛んで,農水省鹿児島サトウキビ原原種農場,製糖工場,デンプン工場などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中種子[町]の関連キーワード鹿児島県熊毛郡

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android